青汁で生活習慣を改善

青汁でガン予防

長寿国とされる日本ですが、その死因においてトップを占めているのが癌といわれています。
しかし、ガンは決して予防できない病気ではありません。
日頃の生活習慣と大きく密接しているからです。

ガンの主な原因を大きく分けると、食生活が35%、喫煙が30%、ウイルス感染が10%、その他が25%という割合になります。
この結果から、生活習慣が半分以上を占めていることがわかります。
その中でも、青汁は効果的なガン予防の一つの手段として世間では認識されています。

青汁には「ナチュラルキラー細胞」という細胞に働きかける効果があり、免疫を活発にする効果があります。
それにより、ガン予防にとても効果的な働きをしてくれます。

また、青汁を飲み続けると、健康に必要な栄養素を取ることができます。
必要な栄養がきちんと揃えばナチュラルキラー細胞が強く働くようになり、免疫力が向上してさまざまな病気を予防することができます。

青汁のガン予防効果

青汁は〝ガンになりやすい体質を改善するための一つの手段〝に他なりません。
必ずしも青汁を飲んでいればガンにならないということだけは、最初に理解しておかなければなりません。
その事を踏まえ青汁のガン予防の成分についてご説明します。

ガンの原因となりやすい活性酸素除去に必要な栄養はビタミンA、ビタミンE、ビタミンCです。
活性酸素を体内に過剰に溜め込むことにより、細胞の老化を引き起こしガンになりやすい体質を作ってしまいます。
これらのビタミン類は、その活性酸素を除去してくれます。

また、慢性的な食物繊維不足もがんの一因です。
日本人の欧米化により、食生活も大きく変わり、現代は深刻な食物繊維不足といわれています。
食物繊維には、腸内にある善玉菌を増やしてくれ、白血球の動きを活発にします。
そのことにより、免疫力が上がりガン予防につながります。

野菜に含まれる苦味にもがん予防に効果があります。
青汁にも含まれている、野菜の苦味の元であるスルフェラフェンには、体内の発がん性物質を体の外に出してくれる働きがあるのです。
これは青汁の原料としてよく知られる、ケール・明日葉・大麦若葉に他の野菜の栄養とは比べものにならないほど含まれています。
そのため、慢性的な食事の乱れを改善してくれます。

効果的に青汁の飲むタイミングと選び方

青汁の栄養をしっかりと吸収する目的ならば、朝がオススメです。
朝起きた時の胃の中は空っぽの状態に近く、また、睡眠中は思っているよりもエネルギーを消費しているため栄養が1番吸収されやすいのです。

また、便秘を解消する目的ならば、就寝前がオススメです。
その日に食べた物をしっかり消化・排泄してくれます。

青汁には、様々な商品が開発されています。
その中でも、続けやすさを重点に考えると、飲みやすい青汁が1番です。
お試しを繰り返しお好みのテイストを探してください。

↑go to top