青汁で生活習慣を改善

青汁を飲んだときの効果

青汁には豊富な栄養素が含まれているため、様々な効能があります。
しかしただ飲むだけでなく、適切な原料の選択をすることでより効果が実感できます。
ここでは青汁に配合されている主な原料ごとに、その効果を紹介します。

ケール

ケールは栄養価が高い野菜のため、青汁の原料としても人気があります。
ビタミンCやβカロテンをはじめ、ケール特有のルテイン、メラトニンが豊富に含まれます。
ビタミンCやβカロテンは強い抗酸化作用を持ち、細胞や血管のアンチエイジングに効果があります。
また、ルテインは眼精疲労を予防し、メラトニンは入眠効果をもたらします。
ブルーライトに目を晒す機会の多い方には必須の栄養素です。
そのためケールの青汁は、美容や良質な睡眠を目的とする方におすすめです。

大麦若葉

大麦若葉は他の青汁の原料に比べ、苦みが少なく、比較的飲みやすいのが特徴です。
飲みやすいだけでなく、栄養バランスの良さでもトップクラスです。

食物繊維やビタミン・ミネラルはもちろんのこと、植物でありながら糖質・タンパク質・脂質といった栄養も摂取できるのです。
他にもSOD酵素やポリフェノール、クロロフィルも含みます。
SOD酵素やポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素の除去・抑制に役立ちます。
クロロフィルや食物繊維は老廃物の排出を促し、整腸作用に役立ちます。
便秘・下痢の解消はもちろん、まんべんなく栄養を摂りたい方にはもっともオススメの原料です。

明日葉

デトックスといったら明日葉です。
明日葉特有の有効成分カルコンは新陳代謝を高め、古くなった細胞のターンオーバーを促します。
また、カルコンには利尿作用があるので、体外への老廃物の排出を促します。
これはむくみにより固まったセルライトの解消にも効果的です。

明日葉の青汁は体内の水分バランスを整えるだけでなく、βカロテンやビタミンB群、食物繊維などが腸内に働きかけ、便秘解消にも効果的です。
代謝を高める上にデトックスを促すので、明日葉の青汁はダイエットにも効果的なのです。


以上が青汁原料別の代表的な効果です。
上記のもの全てが叶うわけではありませんが、目的に合った青汁を継続していれば徐々に効果が現れるでしょう。

↑go to top