青汁は健康にもダイエットにも効果的

目次
  1. 青汁の健康効果
    1. 丈夫な体を作る
    2. 活性酸素の増加を予防
    3. 生活習慣病の予防
    4. 腸内環境の改善
  2. 青汁のダイエット効果
    1. 体脂肪燃焼の促進
    2. 便秘改善
    3. むくみ解消
    4. 食欲の抑制
青汁といえば健康やダイエットのために飲んでいる方が多いですよね。
今回はその効果を改めて確認しましょう。

青汁の健康効果

丈夫な体を作る

丈夫で健康な体を作るには必ず栄養が必要です。
青汁にはビタミン類やミネラル類が豊富に含まれます。
特にカルシウムは丈夫な骨や歯を作ります。
青汁には植物性のカルシウムが含まれています。
またビタミンDは、カルシウムを骨に沈着しやすくさせて、小腸や腎臓での吸収を促す効果があります。
ビタミンCはコラーゲンの生成に必要な栄養素で、骨や血管、筋肉、皮膚などを丈夫にします。

活性酸素の増加を予防

青汁には抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eや酵素が含まれます。
体内の活性酸素は細胞を老化させて体の不調や病気を招く原因となります。
その活性酸素を除去するので、体の内側から若々しさを目指せるでしょう。
目の健康や肌の活性化、炎症の改善、新陳代謝アップなど、抗酸化作用によって様々な効果が得られます。

生活習慣病の予防

糖質や脂質の摂り過ぎで内臓や血管にコレステロールが溜まると、糖尿病や動脈硬化を引き起こす原因に繋がります。
青汁に含まれる水溶性食物繊維は、腸内で余分な糖や脂質を吸収させないので蓄積を防ぎます。
血糖値やコレステロール値の上昇も抑えるので高血圧や肥満対策にも適しています。
またストレスや不規則な生活、喫煙などで蓄積した活性酸素を除去することで、生活習慣が原因の疾患を未然に防ぐことにも期待できます。

腸内環境の改善

青汁に豊富に含まれる食物繊維は腸内環境を良好にします。
便秘で悩んでいる場合は、腸内に有害物質や老廃物が溜まり、体臭や肌荒れ、腹部の張り、倦怠感などを引き起こします。
乱れた食生活やストレスが原因の場合が多いので、青汁で改善しましょう。
食物繊維は便のかさ増しをしてぜん動運動を活発にするので、排便サイクルがスムーズになります。
便秘薬ではないので痛みを伴うこともありません。
腸内には免疫細胞がたくさん存在するので、その働きを邪魔しないためにも腸内はきれいにしておきましょう。
牛乳やヨーグルトで青汁を飲むと、乳酸菌を増やせるのでより効果的です。

青汁のダイエット効果

体脂肪燃焼の促進

青汁に含まれるビタミンB群が、脂肪の燃焼に影響を与えます。
糖質を代謝するビタミンB1、脂肪を代謝するビタミンB2、脂肪の燃焼に必要なビタミンB6・B12、脂肪を燃えやすく精製するナイアシンなどがあります。
これらのビタミンB群は青汁からふんだんに摂取できるので、ダイエットの味方となってくれます。

便秘改善

肥満の場合、便秘で代謝が悪くなっていることがあります。
青汁の食物繊維で便秘を改善しましょう。
ぽっこりお腹も解消されて体が軽くなります。
便秘が良くなると代謝も上がって痩せやすい体を目指せるでしょう。

むくみ解消

体に水分が溜まってむくんでいると、本来の体型より太って見えてしまいます。
顔や足がむくんでパンパンになるとマッサージしてもなかなか解消できません。
また塩分の摂り過ぎでも、むくみの原因になります。
青汁にはむくみ改善に効果的なカリウムが含まれます。
細胞の水分量を調整して、余分な水分や塩分を排出します。
青汁でカリウムを補うことで、スッキリした体を目指せます。

食欲の抑制

青汁を食事の前に摂取すると、食事の量を抑えられます。
飲みごたえがあるのでお腹に溜まるからです。
食物繊維が満腹感を与えてくれる効果もあります。
また小腹が空いた時につい間食してしまうと肥満に繋がります。
この間食を青汁に変えることで、摂取カロリーを抑えられてダイエット効果に期待できます。
低脂肪牛乳や豆乳、ヨーグルトと合わせることで、より満腹感が得られます。
間食は肥満の元なので青汁で乗り切りましょう。
青汁は健康やダイエットをサポートするので、毎日続けて効果を実感してみて下さい。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related