青汁の選び方-コストパフォーマンス編-

青汁を購入する際に絶対にチェックするべきなのが、製品の価格です。
青汁のパワーをしっかりと実感するうえで欠かせないのは「継続して摂取すること」ですが、価格が高すぎると継続が困難になってしまいます。

一方で、単純に価格が安ければ良いという訳でもありません。
安い製品の中には、劣悪な原材料を使用していたり、味わいがイマイチな製品が少なくないので注意が必要です。

そこで意識したいのが、コストパフォーマンスを重視することです。
価格と内容のバランスがとれている製品を選ぶことを意識しましょう。

このページでは、そんな「コストパフォーマンス」から製品を選ぶ方法を解説!
より満足度が高く、コストパフォーマンスに優れた青汁を選ぶ方法を解説します。

味をチェックしよう!

いくら価格の安い製品でも、苦味や渋味、クセの強い青汁では飲み続けるのが困難になってしまいます。
飲み続けることができなければ健康的な生活習慣を身に付けることもできません。

そこでオススメしたいのが、飲みやすい青汁を選ぶこと!
続けやすい味・形状の製品を選ぶことは非常に大切です。

その為、「味・飲みやすさ」は、コストパフォーマンスを確認する際に絶対にチェックしておきたい条件の一つと言えるでしょう。

※味を重視して製品を選ぶ方法については、こちらのページで詳しく解説しています。

安全性をチェックしよう!

コストパフォーマンスをチェックする際に確認しておきたいもう一つのポイントが、安全性が確保されているかどうか…という点。

安心して摂取できるかどうかは、コストパフォーマンスを左右する重要な判断基準です。
具体的には、以下の2つのポイントをチェックしておきたいところ。

【製造・加工段階での安全性】
どんな環境で製造が行われているのかを確認しましょう。
例えば、GMP認定基準をクリアしている工場で製造されている製品なら安心感があります。

【原材料の安全性】
価格帯が安い製品の場合、原材料の安全性が十分でない可能性があるので注意しましょう。
特にチェックしておきたいのは産地です。
安全性の高い国内産の野菜を使用している製品が安心です。
h  さらに言えば、「国内産」とだけ記載されているものではなく、「熊本県産」や「島根県産」など詳細に紹介されている製品が理想的と言えるでしょう。

・有機JAS認定を取得している
・無農薬野菜が行われている

などの条件がクリアされていれば、さらに安心感があります。

安心して飲める青汁なら…

安心して飲み続けることができる青汁の代表例として挙げられるのが、ふるさと青汁です。

原材料として使用されている明日葉・大麦若葉・桑の葉はいずれも国内産。
しかも、それぞれ産地が明記されています。
(明日葉は八丈島産、大麦若葉は熊本・大分県産、桑の葉は島根県産)

また、いずれの野菜も化学肥料や農薬を可能な限り使用しない農法で、手間暇かけて丁寧に育てられています。
これらのポイントが揃っている為、安心して摂取することができる青汁と言えるでしょう。

コストパフォーマンスを重視して選ぶなら…

コストパフォーマンスを重視して製品を選ぶなら、ランキングを活用して青汁を探してみましょう。

当サイトのランキングでは、コストパフォーマンスに徹底的にこだわって製品を厳選しています。
本当に満足度の高い製品だけを選んでいるので、ぜひ、参考にしてみてください。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related