青汁はシミ・そばかすにも効果的

目次
  1. シミ・そばかすについて
    1. シミの原因
    2. そばかすの原因
  2. 青汁でシミ・そばかすを予防・改善できる
    1. 抗酸化作用
    2. 新陳代謝の促進
    3. 老廃物の排出
  3. 青汁を飲んで美肌を目指そう
若いころは綺麗な肌だったのに、年齢とともにシミやそばかすが気になってきたという方は多いですよね。
普段紫外線対策をしていてもシミ・そばかすをゼロにすることは難しいです。
しかし青汁を飲むことで予防や改善に繋がることをご存知でしょうか? 青汁がシミ・そばかすにどんな効果をもたらすのか紹介します。

シミ・そばかすについて

まずシミやそばかすの原因を簡単に説明します。

シミの原因

シミには遺伝的なものや火傷・ニキビの炎症、ホルモンバランスの崩れなどが原因の場合もありますが、ほとんどは紫外線を浴びてできるシミです。
肌が紫外線を受けてメラニンが活性化することで色素沈着を起こします。
淡褐色や濃褐色で顔や手など露出部分に目立ちます。

そばかすの原因

そばかすは生まれつきの場合が多く子供の皮膚にも起きます。
シミより小さくて色白の人に多いです。
大人になって紫外線を浴びてもそばかすはできます。
シミと同じくメラニンの色素沈着により小さな粒状の斑点ができてしまいます。

青汁でシミ・そばかすを予防・改善できる

体内でメラニン色素を作らせず、色素沈着もさせなければシミ・そばかすを防ぐことができます。
青汁のどんな作用が効くのでしょうか。

抗酸化作用

青汁には抗酸化成分が含まれます。
シミ・そばかすは紫外線により肌に活性酸素が発生してメラニンを作り出すのが原因です。
青汁に含まれるビタミンC・EやSOD酵素は強力な抗酸化作用を持っているので活性酸素を除去します。
活性酸素がなければメラニンの生成を抑えられるのでシミ・そばかすを未然に防ぐことができます。
特にビタミンCはできてしまったシミ・そばかすにも有効です。
メラニンの還元作用という、茶色いメラニンを普通の色素に戻す働きがあります。
抗酸化作用と合わせて美肌に導いてくれるでしょう。

新陳代謝の促進

青汁に含まれるビタミンB2・Eが肌の新陳代謝を促進します。
通常肌にできたメラニン色素は肌細胞が生まれ変わるターンオーバーによって排出されていきます。
新陳代謝機能が低下すると肌にメラニンが溜まってなかなか排出されません。
ビタミンB2はたんぱく質などの代謝に関わり、皮膚や粘膜の健康を支えます。
ビタミンEは、毛細血管を拡張して血流をよくするので新陳代謝を活発にします。
肌が新しくなるサイクルを促進してシミ・そばかすを排出できます。

老廃物の排出

便秘で悩んでいる人は青汁を飲んで食物繊維を摂り入れてください。
食物繊維は腸内を刺激して便秘を改善します。
腸内に便を溜め込むと、便の腐敗が進んで有害物質が発生します。
有害物質は血液中に溶け込み肌にも到達して老廃物が溜まります。
すると肌の新陳代謝が阻害されてうまくできません。
シミ・そばかすが改善できず、新たなニキビや吹き出物の原因にも繋がってしまいます。
肌代謝を邪魔しないために、老廃物を排出して腸内環境を整えておくことが重要です。

青汁を飲んで美肌を目指そう

青汁を飲むことでシミ・そばかすを予防・改善できることが分かりました。
少しずつでも改善していくのであれば、今あるシミやそばかすが薄くなると信じて飲み続けられますね。
しかし青汁をたまに飲むだけでは効果は得られないでしょう。
毎日継続して飲むことで必要な栄養素が体内を巡って効果を発揮します。
最近では美肌のためにビタミン類が多く配合された青汁が増えてきました。
フルーツが含まれる青汁であれば果物からもビタミンや酵素を摂取することができます。
シミ・そばかすを改善するために青汁を飲む場合は、ビタミンCなどが多く含まれる青汁を選んでください。
そして、ただ青汁だけで予防・改善しようとせず、普段から紫外線対策を怠らないようにしましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related