青汁で安眠生活

目次
  1. 不眠症とは
    1. 不眠症の症状
    2. 不眠症の原因
  2. 青汁で安眠生活を送れる?
    1. ケールの青汁がおすすめ
    2. メラトニンとは?
    3. セロトニンも増やそう
  3. 質の良い睡眠の効果
布団に入ってもなかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めるなど、なんらかの不眠症状を持つ人は日本人の5人に1人ともいわれています。
専門の病院では不眠症外来があり治療する人もいます。
そんな睡眠の悩みが多い日本人におすすめしたいのが青汁です。
青汁には安眠効果が期待できることをご存知でしょうか。
その効果を紹介します。

不眠症とは

不眠症の症状

不眠症は、20~30代に始まり、加齢とともに増加していきます。
男性よりも女性に多いと言われています。
その症状は、布団に入っても1時間以上眠りにつけない「入眠困難」や、夜中に何度も目が覚める「途中覚醒」、起きる2時間以上前に目が覚めて眠れなくなる「早朝覚醒」、眠りが浅く熟睡できない「熟眠障害」などです。

不眠症の原因

不眠症の原因としては、環境要因や身体要因、心の要因、生活習慣要因など様々な理由があります。
騒音や熱帯夜でストレスを感じて眠れなかったり、悩みを抱えていて考え事が尽きなかったり、アルコール・ニコチン・カフェインの摂取や運動不足などでも眠れなくなります。
最近では寝る前のスマホ操作により、光を感じることで寝つきが悪くなることも指摘されています。

青汁で安眠生活を送れる?

ケールの青汁がおすすめ

青汁の原料として、大麦若葉やケール、明日葉、桑の葉などたくさんありますが、安眠に効果的なのはケールの青汁です。
ケールには睡眠を促すホルモンであるメラトニンが多く含まれるからです。
ケールの青汁を寝る2時間ほど前に飲むようにします。
あまり直前に飲むと夜中の尿意で睡眠が妨げられるので時間を空けてください。
ケールの青汁はできればぬるま湯で飲みましょう。
体が温まり、不眠の原因の一つである冷えも改善されます。
体温があがることで新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーも促進されるので、青汁のビタミン効果と合わせて美肌や免疫力向上にも期待できます。
不眠の影響で肌荒れが気になる方におすすめできます。

メラトニンとは?

ケールに含まれるメラトニンとはどんなホルモンでしょうか。
メラトニンは脳の松果体から分泌されるホルモンのことで、体内時計に働きかけることで覚醒と睡眠を切り替えて自然な眠りを誘います。
通常は21時ごろからメラトニンの分泌が始まり、深夜0~3時にピークを迎え、早朝6時ごろには分泌量が抑えられることで快適な睡眠をとることができます。
しかしメラトニンは加齢や強い光などでその分泌量が減ってしまいます。
そのためメラトニンを食事などから摂取する必要があります。
メラトニンが十分であれば、体内時計のリズムを整えて、質の良い快適な睡眠をとることができます。
ケール100gあたりにメラトニンは4300ng含まれており、メラトニンが多いと言われるとうもろこしの30倍以上にもなります。
ケールの青汁を飲むことで、快適な睡眠に導いてくれるでしょう。

セロトニンも増やそう

メラトニンの分泌量を増やすためには、セロトニンの分泌量も増やすと効率が良いです。
セロトニンは、興奮や快感などの神経伝達物質を抑えて精神バランスを整えています。
セロトニンを原料にメラトニンが合成されるので、セロトニンが不足しても不眠症に繋がることがあります。
セロトニンを作る原料となるのがバナナや乳製品、納豆などの大豆製品です。
普段青汁を飲むときに、牛乳や豆乳と割ったり、バナナとブレンドしたジュースを作ったり、または納豆と合わせることで効率よくセロトニンの分泌を促せるでしょう。
青汁と合わせる理由は、ストレスを軽減するビタミンA・C・E、カルシウムなどが豊富に含まれるからです。
青汁でストレスを緩和しつつ、セロトニン分泌も促すことでさらに安眠効果をアップできるでしょう。

質の良い睡眠の効果

青汁のなかでもケールの青汁が質の良い睡眠に効果的だと分かりました。
しっかり寝ることで、日中疲労した脳や体を十分に休ませることができます。
特に脳は常に活発に活動しているのでエネルギーの消耗が激しく、疲れをとることは重要です。
また質の良い睡眠をとることで、記憶の定着や学習効率のアップ、ストレス解消、体の成長促進や老化防止など様々な効果があります。
不眠症外来に通うよりもまずは青汁を飲むことから始めてみて下さい。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related