青汁で生活習慣を改善

目的別の青汁

青汁は生活習慣の改善につながり健康へと導いてくれます。
そんな青汁には、原料や入っている成分など様々な種類の青汁が開発されています。
それらの成分によって効果・効能が大きく変わってきます。
せっかく毎日続けて飲むものなので自分に合った効果を実感したいもの。
なので青汁を買う前には、目的をしっかり確認した上で青汁選びをする必要があります。

青汁の目的別 原料選び

青汁の原料は、幅広くあります。
また、複数の効果が必要な際にはブレンドされている青汁もあるので必要な成分の組み合わせを選んでください。

血糖値が気になるなら…ケール

青汁の代表的なケールには、苦味があるのが特徴です。
ビタミン・ミネラルなど幅広い栄養が摂れ、体の免疫力を高める効果もあります。
そんなケールの効果には、
  • 血糖値を下げる
  • 眼精疲労緩和
  • メタボリックシンドローム解消
  • ダイエット効果
  • 熟睡効果
などがあります。

女性に嬉しい美肌効果は…大麦若葉

女性に嬉しい効果が多い抹茶風味の大麦若葉の青汁には、ミネラルやビタミンや食物繊維などをバランス良く含まれています。
特に質の良い食物繊維が豊富なことから便秘解消に効果があります。
他にも、
  • 血中の老廃物の除去
  • 便秘解消
  • アンチエイジング効果
  • 肌荒れ改善
  • 貧血予防
といった効果もあるのです。

脂肪を燃焼するなら…桑の葉

飲みやすさナンバーワンの桑の葉の青汁。
昔から桑の葉は漢方に使われているほど薬効がよく、長年健康を維持するために使用されていました。
桑の葉ならではの成分デオキシノジリマイシンが血糖値を下げるので、 高血圧の方や糖尿病の方に効果的です。
  • ダイエット効果
  • 血糖値を下げる
  • 二日酔いの予防
といった効果が代表的です。

体の内側からキレイにするなら…明日葉

明日葉は、薬草のような特有の風味があるのでブレンドして商品化されていることが多いです。
ケール以上にビタミンやミネラルや食物繊維が豊富に含まれており、血液をさらさらにする効果が期待されます。
また、セルライトを解消する作用もあるので、慢性的な肥満で悩んでいる方にもデトックス効果を得ることができます。
代表的なものは、
  • デトックス効果
  • むくみ防止の効果
  • 胃酸の分泌を抑える
  • 血栓の防止
などです。

青汁に人工的に配合されている成分

青汁には、主原料だけではなく健康や美容に効果的な成分が入っています。
青汁だけでもしっかりと栄養を摂ることができますが、プラスアルファーでさらに健康へと導いてくれます。

酵素をプラス

20代後半を過ぎると体内で作り出される酵素は一気に減少します。
そのために痩せにくい体となってしまいます。
脂肪をエネルギーに変えてくれる必要不可欠な酵素には、ダイエット効果や野菜が不足しがちな方に青汁と酵素の組み合わせでたっぷり栄養が取れます。

乳酸菌をプラス

青汁にも食物繊維が豊富に含まれるので、しっかりと腸内環境を整えてくれます。
しかし青汁を飲み続けていてもあまりお通じが変わらない方や、慢性的な便秘の方で便秘を改善したいという方には、乳酸菌入りの青汁がオススメです。
乳酸菌は、腸内環境を整えて、栄養をスムーズに吸収してくれるので青汁の栄養をしっかりと吸収することができ一石二鳥となります。

コラーゲン

年齢と共に減少してしまうコラーゲンには、お肌をみずみずしく保ち、ハリ・ツヤを保つ役割があります。
コラーゲンは、年齢と共に体の中から作る機能が衰えてしまします。
そのため、外から取り入れる必要があります。
青汁には、美肌に効果的なビタミン類を多く含んでいますが、 最近たるみが出てきた・潤いがなくなってきている、という方はコラーゲンもプラスしてさらに美肌を追求することができます。

↑go to top