青汁で生活習慣を改善

ニキビや吹き出物は改善される?

ニキビや吹き出物といったお肌のトラブル。
大人のお肌のトラブルの原因として多いのは、ターンオーバー(肌の新陳代謝)の乱れと考えられます。
ターンオーバーが乱れるのは

  • 栄養バランスの乱れ
  • 貧血・血行不良
  • 便秘
等の理由が多いです。

ビタミンやミネラルでにきびや吹き出物は改善される

青汁は女性に多く愛用されています。
それはお肌の乱れを整える栄養素が豊富に含まれているからです。
中でもビタミンB群やミネラルは効果的です。
まずはビタミンB群。
ビタミンB群の一種である葉酸とビタミンB2は、ヘモグロビンの合成を促進して、血液を増やします。
合わせて、ナイアシンには血行を改善させる機能があります。
血液がたっぷり栄養を運ぶことで、肌は健康な状態が保たれるのです。
またパントテン酸やビオチンには、肌の炎症をおさめるなど、肌を健康に保つ作用が確認されています。
さらにビタミンB2やB6は、過剰な皮脂の分泌を抑えてくれます。

一方のミネラルにも、お肌に効果的な働きがあります。
例えばミネラルの一つである亜鉛。
亜鉛には強い抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは、細胞や体を老化させる「活性酸素」を除去してくれる働きのことです。
活性酸素を取り除いて老化を避けることで、活発な代謝が行われ、若々しい肌を保つことができるのです。
また鉄の不足は、貧血の原因にもなります。
血が少なくなっては、肌にしっかりと栄養を運ぶことができなくなってしまいます。
血の材料である鉄を摂ることも、お肌には大切なのです。

このような効果から、ビタミンB群やミネラルの不足は、お肌のトラブルに繋がるといえるのです。
野菜不足はビタミン不足に直結することが多く、ニキビや吹き出物といった肌トラブルを起こしやすい体質を作ってしまいます。
栄養価が高く、ビタミンB群やミネラルの含有量が多い青汁なら、足りない栄養を補って体質改善を図ることができます。

肌荒れの原因「便秘」も解消

また、ニキビや吹き出物の原因として、便秘があげられます。
便秘は野菜不足からくる食物繊維不足の方に多い症状です。
食物繊維には腸を刺激して便を排出させるほか、腸にある老廃物を便と一緒に取り除く役目もあります。
しかし野菜が不足すると便秘になり、排便が上手くいかなくなります。
腸に留まり続けた便や老廃物は腐敗が進みます。
すると腸内で悪玉菌が増殖し、有害物質を発生させるようになります。
便で排出できない老廃物・有害物質は肌を通って体外に排出されます。
すると肌は有害物質の排除で精一杯になり、通常の新陳代謝が滞ってしまうのです。
それが肌荒れの大きな原因になります。
そこで必要になるのが青汁です。
青汁のビタミンで新陳代謝を促進したり、食物繊維が排便を促すことで、肌トラブルが改善できるのです。
青汁はきれいな肌を保つのに、非常に有効な食品です。
特にオススメはレモン青汁です。

しかし青汁を飲めばいいというわけではありません。
普段の生活や、普段からお肌を清潔に保てているか…一度しっかりとチェックしてみましょう。

↑go to top