青汁ファスティングダイエット

目次
  1. ファスティングとは?
    1. ファスティングダイエットの目的
    2. ファスティングダイエットのやり方
      1. a準備期
      2. bファスティング期
      3. c復食期
    3. ファスティングダイエットの効果
  2. 青汁はファスティングダイエットに向いている?
    1. 青汁の1日の目安量
    2. 野菜の栄養が豊富
    3. アレンジ自在
    4. 利便性がある
    5. コスパが良い
    6. 青汁業界も推している

ファスティングとは?

そもそもファスティングとは英語の「fasting」に由来するもので、断食という意味があります。
断食というと全く何も食べずに飢えに耐えるようなイメージがありますが、ファスティングダイエットはそこまで過酷なものではありません。
プチ断食ともいいます。
ではその目的や方法などを確認していきましょう。

ファスティングダイエットの目的

ファスティングの一番の目的は、胃腸の活動を休ませて環境を良好にして体質を改善することです。
胃や腸は毎日食べ物の消化吸収活動をしていて休む暇がありません。
現代での乱れた食生活や添加物、脂質や糖質に溢れた食事を、胃腸は休むことなく消化・吸収・分解と繰り返しているのです。
24時間365日働き詰めなのでだんだん疲れてしまい機能も弱ってきてしまいます。
ファスティングではそんな消化器官を一休みさせることで、本来の状態と働きを取り戻させるのです。
一般的なのは2~3日間のプチ断食です。

ファスティングダイエットのやり方

ファスティングダイエットは急に何も食べなくなるのではなく、3段階に分かれています。
a準備期→bファスティング期→c復食期です。
順を追ってみていきます。

a準備期

プチ断食に向けて胃腸を整えるために健康的な食事をする準備期間です。
実践の2日ほど前からは脂質や糖質の多い食べ物は摂取しないでください。
カップラーメンやケーキはもちろんNGです。
魚や野菜、煮物などの日本人らしい和食を食べましょう。
ご飯をお粥にすると胃腸に優しく吸収しやすいのでオススメです。
消化しやすい食事をして、量は少しずつ減らしていきます。
お腹いっぱい食べずに腹7~8分目にしましょう。

bファスティング期

本番に入ると固形物は摂取しないでください。
水やファスティング用に準備したドリンクで過ごします。
この時期は3食という概念ではなく、2~3時間おきにドリンクの摂取をしましょう。
空腹の度合いが過ぎるとストレスが溜まって失敗してしまいます。
また水分不足を予防するためでもあります。
過度な運動は体調を崩すため厳禁ですが、軽い筋トレやストレッチはオススメです。
体を動かすことで血糖値が上がるので空腹感を紛らわすことができます。
またドリンクを炭酸水で割ると満腹感を得やすく飲みごたえもあります。
このドリンクですが、ファスティング中の栄養不足を補うために酵素や野菜ジュース、青汁などで実践してください。
「ファスティングダイエットをする」という強い意志があると意外とストレスや空腹感を感じません。
そんなに辛くなかったという経験者も多くいます。
逆に「3日間で3キロ落とす」といった無理なダイエット目的として挑戦すると失敗しやすいです。
そういう人は胃腸を休ませるという想いは無く、「とにかく我慢!」という無茶な考えなのです。
ファスティングの本来の目的を知ってから行ってください。
何も胃に入ってないから今はゆっくり休めているのだろう、と体を労わる気持ちがあると続けやすいです。
我慢している期間だと捉えずに普段通りの日常としてドリンクをこまめに摂取しながらファスティング期を送りましょう。
1~2日程度で十分です。

c復食期

断食が終わると回復食と呼ばれる消化しやすい食事をする復食期に入ります。
ここは最も重要で注意すべき時期なのですが、絶対にドカ食いは止めましょう。
胃は空っぽなので入ってきたものを全て吸収する勢いです。
ファスティングを終えた後の綺麗な体に摂り入れる食事は、準備期よりももっと優しい食事です。
重湯やトロトロに似たお粥、野菜スープなどの汁ものを摂取してください。
そこから少しずつ消化に良い食事に変えていき、1~2日かけて回復食を食べます。
豆や海藻、野菜、魚、キノコ、芋などの健康的な食事で過ごし終えたらファスティングは完了します。

ファスティングダイエットの効果

ファスティング中は内臓脂肪がエネルギーとなり消費されるのでダイエット効果があります。
まだ体の老廃物を排出するデトックス効果や便秘改善効果も期待できます。
さらに腸内の環境が良くなることでの美肌にも繋がります。
一番の効果は消化器官が休まったことによる体内のリセットで、体が健康的に生まれ変わったことです。

青汁はファスティングダイエットに向いている?

酵素のファスティングはよく耳にしますが青汁でもOKなのでしょうか? もちろん全く問題ないです。
むしろ青汁で栄養不足をしっかり補えるのでオススメと言えるでしょう。
そんな青汁でのファスティングダイエットについてメリットや飲み方をお伝えします。

青汁の1日の目安量

青汁の場合、1日の摂取目安量が1~3袋のタイプが多いので、用量を守ってファスティングしてください。
さすがに物足りないという場合は、1杯の量を減らして数回に分けて飲みます。
炭酸水や豆乳で割って腹持ちを良くして、決して無理をしないで実践しましょう。
できればファスティングダイエット向けの青汁を選ぶと挑戦しやすいです。
専用の青汁であれば1日の摂取目安量は一気に増えて、朝4杯+昼3杯+夜4杯というパターンも可能です。
本気でファスティングに挑戦するなら専用の青汁がオススメです。

野菜の栄養が豊富

青汁にはビタミンやカルシウム、カリウムや食物繊維などの不足しがちな栄養がふんだんに含まれているので、ファスティング中でも栄養不足にならず健康を維持できます。

アレンジ自在

青汁なら牛乳や豆乳、炭酸、野菜ジュースなど様々なアレンジができるので飽きることなくファスティングができます。
アレンジ次第では腹持ちがよくなり満足感も得られるのでストレスを感じることなくダイエットが続けられます。

利便性がある

青汁はだいたいスティックタイプなので持ち運びに便利です。
ファスティング中に外出先でも手軽に飲むことができます。
野菜ジュースや酵素ドリンクの場合は750mlや1Lタイプが多いので持ち運びには不便に感じます。

コスパが良い

青汁はだいたい30包入って3,000円~4,000円ほどで購入できます。
1杯当たり約100円で済みます。
野菜ジュースもペットボトルで購入するとコスパは良いですね。
酵素ドリンクは高いものが多く、1杯数百円~1,000円ほどになる場合もあります。

青汁業界も推している

今や青汁業界でもファスティングダイエットを推奨しています。
よりカロリーを抑えて腹持ちを良くするために、チアシードなどの水分を吸収すると膨らむ素材が使われていたりします。
さらに飲みやすくするためにフルーツ味の青汁も増えてきました。
手軽に美味しく青汁ファスティングダイエットができそうですね。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related