青汁で生活習慣を改善

青汁で健康生活!

青汁の原料になっているのは、ケールや大麦若葉、明日葉など、非常に栄養価の高い野菜ばかりです。
この他にも桑の葉や熊笹、ルイボス、ヨモギや長寿草など多くの野菜が利用されています。
青汁からは、ビタミンやミネラルの以外にも、明日葉特有の成分であるカルコンや、普段の食生活では摂取しにくいSOD酵素など… 健康に欠かせない栄養素を、しっかりと摂取することができます。
健康に生活している人は、野菜を多く摂取しています。
つまりバランスよく栄養を摂取している傾向がみられるのです。
青汁を飲むことで、そういった生活スタイルに近づくことが可能です。
しかし、ただやみくもに飲むのではなく、ちょっとしたコツを押さえておくとより効果的です。

継続が重要

青汁で健康目指すのなら、継続的な服用が非常に大切になります。
青汁はあくまで栄養補助食品。
健康を手に入れる魔法の薬ではありません。
服用を始めたからといって、一日二日ですぐに効果が現れるわけではないのです。
ましてや病気を患ってから服用を始めても意味がありません。
健康のため、病気予防のために継続摂取。
これが何より大切なのです。
また青汁は様々な栄養素が配合されていますが、主原料や製品によって、栄養のバランスは異なります。
ですのでご自身の求める効果によって、服用する青汁を選ぶ必要があります。
例えば肥満防止や、生活習慣病を防止したい方は、明日葉を主原料にした青汁がいいでしょう。
明日葉は、脂肪燃焼に効果的な「カルコン」という、特有の成分をもっているのです。
またアンチエイジングを考えるなら、ルイボスを取り入れた青汁がオススメです。
ルイボスには活性酸素を取り除いて、体の老化を防ぐ「SOD酵素」が含有されています。
この他、肌荒れの解消にはビタミンBを多く含んだもの。
睡眠不足に悩んでいる場合はケールを主原料にした青汁で「メラトニン」を摂るといいでしょう。
これらの有効栄養成分を毎日体に取り入れることで、健康に過ごすことを期待できるのです。

健康習慣の一部として青汁を

青汁は栄養を補助する手段であり、青汁を飲むだけでは健康効果は上がってきません。
効果を実感するには、運動や入浴、青汁以外での食の改善など…生活の見直しが当然必要になってきます。
運動や入浴は血流の改善や、ストレスの解消になり心身を健康にします。
食の見直しでは青汁だけに頼らず、偏食を改善して、積極的に野菜を摂取するようにしてください。
健康のためには必要な野菜の目安は、一日350gといわれています。
栄養バランスよい食事は健康生活に必要不可欠です。
しかし上記の量の野菜を毎日食べるのは、現実的になかなか大変です。
そこで役に立つのが青汁。
気を付けていても、どうしても不足してしまう野菜や栄養。
それを十分に補ってくれるのが青汁なのです。
健康のため、ぜひ取り入れたい食品です。

↑go to top