青汁で生活習慣を改善

青汁で熟睡できる

不眠により体の疲れが取れきれず、仕事に支障が出たり、体の調子が優れずに何をするにもやる気が起こらないという、悪循環さえ発生してしまいます。

そんな不眠の決め手となるのがメラトニンというホルモンの一種です。
このメラトニンは体内で生成される成分ですが、年を重ねるごとに減少していきます。
しかし、青汁の中にも含まれているので、青汁を飲むことで不眠を改善してくれる メラトニンを増やし、良質な睡眠をとることができます。

なぜ青汁で入眠改善できるのか?

医学的に20歳を超えるとメラトニンの分泌量が減って睡眠の質が悪くなることが明らかになっています。
睡眠をコントロールしてくれるのは、このメラトニンというホルモン。
日中の活動する時間には、メラトニンを抑制し活動的になり、夜になるとメラトニンを分泌し体を休めてくれるというバランスをとってくれています。
しかし、不規則な生活やストレス、加齢とともにこのバランスが乱れ、不眠を引き起こしています。
ケールを含む青汁には、メラトニン自体が含まれるので、睡眠のバランスを調節してくれる大事な役割を果たしてくれます。
なので、特にメラトニンを多く含むケールの青汁を飲むと睡眠をサポートしてくれ、良質な睡眠をとることができます。

ケール以外にも青汁は不眠に効果的


ビタミン類

  • B6・・・、・・・中枢神経を正常化
  • B1、B6、B12・・・神経系の働きに作用
  • B12・・・・・・疲労感や倦怠感を和らげる
ビタミンには、神経系を調節し、質の良い睡眠へと導く成分や体の疲れを緩和するリラックス効果も期待できます。

食物繊維

腸内環境を整えてくれる食物繊維。
実は腸を整えることで、寝ている間に無駄なエネルギーを使うことがなくなるので睡眠にしっかりエネルギーを使うことができ、朝スッキリ目覚めることができます。

また、それ以外にも血液循環を正常にし、血行が良くなることで代謝もアップし疲れにくい、疲労をとりやすい体を作ることができます。

もちろん青汁を飲んだだけで眠くなるようなことはなく、むしろ普段の生活習慣の見直しを始めにするべきです。

↑go to top