青汁で生活習慣を改善

青汁で睡眠の質を高めよう

青汁の摂取は、上質な睡眠に繋がると期待されています。
それは青汁に「メラトニン」という成分が含まれているためです。
睡眠が浅い、寝つきや寝起きが悪い、睡眠をとっても不快感や疲労が抜けない…そんな方には、青汁での睡眠の質の向上をお勧めします。

メラトニンで睡眠の質を高めよう

青汁の中でも「ケール」を使用したものには、メラトニンが豊富に含まれています。
このメラトニンは「睡眠ホルモン」ともよばれており、睡眠の質を上げるのには欠かせない成分なのです。
青汁の原料として頻繁に用いられる「明日葉」「大麦若部」にもメラトニンは含まれています。
しかし前述のようにケールは特に多くのメラトニンを含有しており、100gあたり4300ngと、圧倒的なのです。
さて、通常メラトニンは夜になると脳内で分泌されます。
そして脈拍や血圧を下げたり、精神を鎮めることで、人を眠りに導きます。
しかしこのメラトニンが減少すると、眠りが浅くなったり、眠りにつきにくいなどの障害が現れるのです。
メラトニンが減少する原因は、昼夜逆転や不規則な睡眠など、乱れた生活リズムだといわれています。

睡眠の質を高める栄養素

青汁にはメラトニンの他にも、睡眠を手助けしてくれる栄養素がたくさん詰まっています。
例えば鉄分は、睡眠に必要なドーパミンやセロトニンといった物質の合成に必要です。
鉄分が不足するとこれらの物質が上手く合成されず、不眠に繋がる可能性があります。
またアミノ酸の一種であるギャバには、神経を鎮める作用があります。
心身の興奮が抑えられることで深い眠りにつきやすくなります。
様々な有効成分の力で心身が鎮まっていたり、スムーズに眠りにつくと、ぐっすりと深く眠ることができます。
すると、眠りが浅いことで起こる寝起きの不快感や、疲れが取れない、寝不足といった症状の改善に繋がります。

このように青汁には、上質な眠りを摂るための栄養成分が、豊富に含まれています。
睡眠に何か悩みを持っている方は、一度青汁を試してみることをお勧めします。
お子様から年配者まで、安心安全に熟睡するためには青汁が非常に有効です。
しかし小さなお子さんや、体調不良(病気)がある方が服用する場合は、医師に相談するなどして用法用量をきちんと確認しましょう。

↑go to top