青汁の飲み過ぎは尿管結石を招く?

目次
  1. 尿管結石とは
    1. 尿管結石の症状
    2. 尿管結石の原因
  2. 青汁と尿管結石の関係
    1. 青汁に含まれるシュウ酸とは
    2. シュウ酸の少ない青汁を選ぼう
30~50代の男性が発症しやすい尿管結石ですが、生活習慣や食生活の変化により増加してきている病気です。
この尿管結石の原因の一つに青汁の飲み過ぎという嫌な噂を耳にすることがあります。
健康効果の高い青汁がなぜ尿管結石を引き起こすのか、その事実について探っていきましょう。

尿管結石とは

尿管結石の症状

初期症状として突然下腹部や腰あたりに激痛が走る場合が多いです。
痛みと共に血尿や吐き気があらわれて、排尿時にも痛みが持続します。
尿に小さな石が混じって排石されることもあります。
一般的な尿管結石は痛みを伴いますが、腎臓や膀胱内に結石が出来た場合は痛みを生じない場合もあります。
尿管結石は尿管に結石が詰まることで痛みますが、まだ尿管まで結石が届いていないときは痛みが無いです。
その場合でも血尿が出たり残尿感や尿漏れが起きたりするので、何らかの自覚症状はあるでしょう。
また下腹部の違和感や尿が出なくなる、頻尿になる、小さな石が尿と一緒に出てくるなどといった「尿」にまつわる症状は必ず起きます。

尿管結石の原因

原因としては、近年の食の欧米化による肉や加工品、乳製品などの摂り過ぎ、カルシウムや水分の不足、塩分や糖分の過剰摂取などといった食生活が大きく関わります。
特に肉類を食べると体内にシュウ酸や尿酸が増えますが、シュウ酸はカルシウムと結合しやすい性質があり、腸内で結合するとそのまま排出されます。
しかしシュウ酸の量が多すぎると腸内で処理しきれずに尿の中にシュウ酸が出てきます。
尿の中でシュウ酸とカルシウムが結合すると小さな結石となり腎臓や尿管に溜まってしまいます。
カルシウムの量が十分だと、腸内でシュウ酸と結合しやすくなるので尿の中に出てくることはありません。
日本人の食生活が変化してきていることにより、シュウ酸の多い動物性たんぱく質が増えて、必要なカルシウムの摂取が減っているのが現状です。
動物性たんぱく質を摂取すると、体内でシュウ酸が作られることが大きく影響しています。

青汁と尿管結石の関係

青汁に含まれるシュウ酸とは

肉類を食べて体内でシュウ酸が作り出されるなら青汁は関係ないのでは?と思いますが、実は青汁の原料となる野菜にも多くシュウ酸は含まれています。
特にホウレン草、モロヘイヤ、ブロッコリー、セロリ、チンゲンサイなどの野菜に多く含まれていて、青汁には野菜を含むものや生野菜を搾って冷凍させたものなど様々な種類があるのでシュウ酸を含む青汁も当然あります。
そして青汁は凝縮して作られているのでどうしてもたくさんの栄養を摂取できるようになっています。
シュウ酸を含む野菜を原料としていれば当然濃縮されています。
しかし、適量を飲む程度で尿管結石を引き起こす可能性は低いと言えるでしょう。
1日に何杯も青汁を飲まなければ結石になるほどシュウ酸が溜まったりしませんし、青汁にはカルシウムも豊富に含まれているので腸内での分解を促してくれます。
青汁を飲むと尿管結石になりそうだからやめておく、と言うよりは動物性たんぱく質である肉や加工品などを抑えた方が効率的です。
野菜に多く含まれるシュウ酸ですが、実は直接摂取するよりも体内で合成される量の方が多いことが分かっています。
動物性たんぱく質の方が問題は大きいです。
ただ青汁には緑茶が含まれていることが多いですが、緑茶にもシュウ酸は含まれるので、どうしても気になる方はシュウ酸が少ない青汁を選ぶようにしましょう。

シュウ酸の少ない青汁を選ぼう

  青汁の中でもケールや明日葉はシュウ酸が少ないです。
シュウ酸が多く含まれるホウレン草が100gあたり800mgのシュウ酸を含むのに対して、ケールは20mgです。
まずシュウ酸の少ない青汁原料のものを選び、ホウレン草やブロッコリーなどの野菜が原料に入っている物は選ばないようにしましょう。
そして緑茶や抹茶も含まない、青汁原料のみのタイプを選ぶともっとシュウ酸の摂取を減らせます。
さらにはカルシウムの含有量にも注目してみてください。
カルシウムがあればシュウ酸をどんどん排出してくれるので、カルシウムが多い青汁を探したり、青汁を牛乳で割ってカルシウムを摂取したりするのもオススメです。
また、生の野菜を搾って作られる冷凍青汁は、シュウ酸がそのまま含まれているので、冷凍青汁を飲んでいる方は原料をチェックしてリスク回避してください。
どうしても不安な方は青汁の成分を確認したうえで、一日の用量を守り、普段の食生活でも肉や加工品に偏らないようにしましょう。
水分を多めに摂れば結石になる前の段階で排出されるので、水分を適量摂取することと、規則正しい生活で尿を溜めないことも大切です。
青汁をうまく活用しながら尿管結石を未然に防ぎましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related