もう青汁はまずくない!おいしい青汁

目次
  1. おいしい青汁の特徴
    1. お茶風味
    2. フルーツ風味
    3. 青臭くない
    4. 粉っぽさがない
    5. ゼリーや粒タイプ
  2. 青汁はおいしくなった
青汁のイメージといえば、青臭い・まずい・苦いといったマイナスなイメージが多いかもしれません。
しかし現代では美味しくない青汁の方が少なくなってきました。
飲みやすくておいしい青汁がたくさん販売されています。
どんなふうにおいしくなったのか、青汁の飲みやすさについて紹介します。

おいしい青汁の特徴

お茶風味

青汁の原料は大麦若葉やケールなどですが、それだけでは飲みにくさを感じます。
そのため抹茶や緑茶、煎茶などを加えたお茶風味のおいしい青汁があります。
日本人に親しみのある飲み慣れたお茶が配合されているので、老若男女問わず万人受けする青汁と言えるのではないでしょうか。
お茶の爽やかな味が青汁の苦みを和らげるので、抹茶風味が好きという人にはお勧めです。
ホッと一息つけるので青汁がお茶風味だとよりおいしく感じます。

フルーツ風味

若い女性をターゲットとした青汁に多いのがフルーツ青汁です。
置き換えダイエットを無理なく実践できるとしても有名です。
フルーツ青汁にはりんごやバナナ、いちごやパイン、ぶどう、オレンジや桃など様々な果物のエキスが配合されています。
青汁らしいにおいや風味がかき消されて、本当にフルーツジュースを飲んでいるかのようなおいしい味わいです。
青汁を飲み始める初心者の方は、フルーツ青汁から始めると青汁の嫌なイメージが払しょくされるでしょう。
小腹を満たして物足りなさを感じさせない味は女性に大人気です。

青臭くない

かつての青汁といえばケールが原料でかなり青臭さやえぐみが強く飲みにくいものでした。
コップ一杯を飲み干せないほどの不味さです。
その青臭さをなくして飲みやすくするべく、ケールだけでなく大麦若葉や桑の葉、明日葉やクマザサなどのケール以外の青汁原料が増えてきました。
とくに大麦若葉は抹茶風味に近いと言われ一番飲みやすく、市場に出回っている商品数も多いです。
飲みやすくするために原料を変えつつも、青汁の高い栄養価はそのまま維持しています。
昔はまずくても我慢して飲むのが青汁でした。
ですが最近では健康効果も大事ですが、何より長く続けられるおいしさが求められています。

粉っぽさがない

青汁といえば粉末タイプが多いですが、水に入れて溶かしてもしっかり混ざらないことで粉っぽくなることがあります。
また飲み干したと思ったらコップの底にドロッと溶け残りがあると残念ですよね。
そこで溶けやすさを重視して、青汁専用のシェーカーが作られるようになりました。
青汁と分量の水を入れてシャカシャカ振るだけで、しっかり混ざり溶けきる優れものです。
シェーカーのおかげで、飲みにくかった青汁はまろやかなおいしさになります。
同じ粉末を使用したのかと疑いたくなるほどの違いです。

ゼリーやサプリメントタイプ

粉末の青汁がどうしても苦手な方や、外出先で手軽に摂りたい場合はゼリータイプやサプリメントタイプの青汁もあります。
ゼリーはスイーツ感覚でとてもおいしく食べることができますし、サプリメントタイプは一口で飲めるので苦みや青臭さを感じることがありません。
不味さを感じずに、おいしく手軽に続けられる青汁です。
形状を変えても栄養価は変わらず体の健康を支えてくれます。

青汁は美味しくなった

このように飲みやすくておいしい青汁はたくさんあります。
おいしい青汁を飲めば、「まずい」というイメージはほとんどなくなるでしょう。
便秘解消、美肌効果、健康の維持、野菜不足の解消など様々な効果がある青汁は、飲みやすくするためにおいしくなったので、ぜひお好みの青汁を飲んでみて下さい。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related