花粉症になってしまったら青汁

目次
  1. なぜ花粉症になるのか
  2. 青汁で免疫力アップしよう
    1. 腸内環境を整える
    2. ビタミン類で免疫力をつける
  3. 花粉症にはケールの青汁がおすすめ
春ごろから花粉の飛散が始まり、くしゃみや鼻水などの症状で辛い思いをする人は多いですよね。
なんと日本国民の4人に1人は花粉症だといわれています。
身近な人に花粉症で苦しんでいる人がいたら青汁を勧めてみてください。
実は花粉症改善に良い影響を与えるのが青汁です。
その効果について解説します。

なぜ花粉症になるのか

花粉症はスギやヒノキなどの花粉が目や鼻の粘膜に接触することで、目のかゆみや鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状を引き起こします。
これは、花粉を体外に排出するために、体の防御機能が過剰に反応することで起きています。
体の免疫力が低下しているときに、花粉に過剰反応した免疫機能によってIgE抗体が作られることが原因とされていますが、逆に免疫力をアップすれば症状を軽減できるということです。

青汁で免疫力アップしよう

花粉症の症状を軽減するためには免疫力を向上させる必要があります。

腸内環境を整える

体に存在する免疫細胞の7割は腸内に集中しています。
食べた物の中に異物が混入していたり、体内で異常細胞が発生したりすると免疫細胞が撃退してくれます。
この免疫細胞が弱っていると免疫力が下がっている状態です。
例えば便や老廃物が腸内に滞留していると悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなり、免疫細胞は力を発揮できなくなります。
青汁を毎日飲み続けて食物繊維を摂取していると、便秘の改善と善玉菌の増加に繋がるので腸内環境は良好に保たれます。
免疫細胞の働きを邪魔しないので、免疫力を十分に保つことができます。
花粉症の症状が悪化することも防げるでしょう。

ビタミン類で免疫力をつける

青汁にはビタミンが豊富に含まれます。
ビタミンCは粘膜を正常にしたり、抗酸化作用や抗アレルギー作用があったりと免疫力アップに効果的です。
ストレス軽減にも効果的なので、イライラしがちな花粉症のときには積極的に摂取しましょう。
またビオチンにはアレルギー症状の原因に繋がるヒスタミンの生成を抑える働きがあります。
アレルギーから発症する花粉症の対策としてビオチンは必要です。
他にもビタミンCの効果を高めるビタミンA・Eや、免疫力を調整するビタミンB6など、青汁からあらゆるビタミン類を摂取することができます。

花粉症にはケールの青汁がおすすめ

花粉症対策として、青汁のなかでもケールの青汁を推奨します。
ケールにはアレルギーを抑制する成分として「糖脂質」と「フラボノール配糖体」が含まれています。
糖脂質とは細胞膜を構成する成分の一つで、糖質が結合した脂質のことです。
フラボノール配糖体とは、抗酸化作用や抗アレルギー作用、血糖値上昇抑制作用など様々な効果を持つポリフェノールの一種です。
これらの成分により、免疫細胞から分泌される「インターロイキン4」というアレルギー症状を引き起こす因子が減少することが分かりました。
糖脂質とフラボノール配糖体の効果により、花粉症の症状緩和に有効であると期待されています。
ケールにはどちらも含まれているので、青汁で花粉症の緩和をする際にはケールの青汁が最適です。
ケールは緑黄色野菜の王様と呼ばれるほどビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養価も高いので、免疫力アップの効果を合わせて花粉症改善に期待できるでしょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related