グルコサミン配合の青汁の特徴

目次
  1. グルコサミンとは?
    1. グルコサミンの特徴
    2. グルコサミンを摂取するには
  2. グルコサミンが含まれる青汁を飲もう
テレビCMなどでグルコサミンが膝の痛みに効く、と聞いたことがありませんか? 健康食品やサプリに含まれている印象がありますが、実は青汁にもグルコサミン配合のものが発売されています。
でもグルコサミンの正体は何?と疑問がある方のためにその実態を追及します。

グルコサミンとは?

グルコサミンの特徴

グルコサミンとは、カニの甲羅やエビの殻などにも含まれている軟骨成分の一つです。
人の関節をスムーズに動かすためには欠かせません。
このグルコサミンが関節の軟骨の中に存在することで、クッションの代わりとなって膝を曲げたり歩いたりすることができます。
軟骨は加齢とともに擦り減ってしまい変形関節症などの病気を招くことがあります。
年齢を重ねるごとにグルコサミンの量が減ってしまい軟骨の構成がうまくできなくなるためです。
それを防ぐためにグルコサミンを摂取して新しい軟骨の生成を促進しなければなりません。
グルコサミンを生成しているのは、ブドウ糖とアミノ酸が結びついた「アミノ糖」という物質の一つで、軟骨を構成する「プロテオグリカン」という成分の原料になります。
この成分によって新しい軟骨が作られて、擦り減りや損傷を補修して軟骨の強化をしています。

グルコサミンを摂取するには

カニやエビの殻に含まれるグルコサミンは、どんな食事をすれば摂取できるのでしょうか? 実はグルコサミンは食事から摂取するのが難しい成分です。
そのためサプリメントがたくさん流通しています。
グルコサミンを摂取して軟骨を強化するには、サプリメントやグルコサミンが配合された青汁を飲むことが良い方法といえます。
ただサプリメントは何粒も飲まなければいけない場合が多く、続けられず諦める方も多いようです。
青汁の場合は野菜の栄養素もふんだんに補給できますし、関節だけでなく全身の健康にも効果的なので、毎日続けられる飲みごたえのある青汁でグルコサミンを補うことをオススメします。

グルコサミンが含まれる青汁を飲もう

数は多くないですが、グルコサミンが配合された青汁が発売されています。
青汁による野菜不足の解消や栄養補給、食物繊維の摂取を可能にしつつ、グルコサミンの軟骨成分を手軽に摂取することができるのでとても効率が良いです。
グルコサミンの摂取量の目安は厚生労働省などで正確に定められているわけでありませんが、だいたい1日1500mg程度とされています。
体重が軽ければ1000mg、90kg以上ある場合は2000mgというデータもあります。
グルコサミンが含まれる青汁をいくつか確認してみると1杯分に250mg~500mgほど含まれていました。
多めに含まれる青汁を選び、1日数杯飲めばある程度補給できます。
青汁の栄養と合わせて病気や関節痛の緩和に期待できるでしょう。
青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維、ポリフェノールなど様々な栄養素が豊富に含まれています。
便秘解消や美肌、血流改善や免疫力向上など健康効果が期待できるので、グルコサミンと合わせて関節痛や加齢に負けない丈夫な体を目指してみてください。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related