青汁で生活習慣を改善

青汁とNK細胞

NK細胞とは、ナチュラルキラー細胞といい、人間は生まれながらにしてナチュラルキラー細胞を持っています。
「生まれついての殺し屋細胞」と呼ばれているくらいの高い殺傷力が、私たちの身体を細菌やウィルスなどの病原体から強く守ってくれています。
自然治癒力を高めるには、このNK細胞を活性化させることが重要だといわれています。
なぜか体が不調、病気にかかりやすくなったという方は、このNK細胞の働きが悪くなっているかもしれません。

青汁にはナチュラルキラー細胞の活性化をサポートする作用があるので、青汁を飲むと自然治癒力が高まります。

癌細胞にも働きかけるNK細胞

どんなに健康な人でも、癌細胞は毎日体内で発生しています。
発症しないという違いがあるので健康でいることができます。
健康な人は、なぜ発症しないかというと、癌細胞をNK細胞が見つけ次第、攻撃して排出してくれているためです。
青汁に含まれるケールには、ベータカロチンを多く含み、抗酸化剤の働きが期待できるため癌抑制作用が働きます。
なので、癌予防にも青汁を摂取しNK細胞を常に増やしていく必要があります。
免疫力を高め、ガンを予防したい方は、ケールや桑の葉、ビワの葉などを原料としている青汁が有効的です。
商品によって原料や成分が異なるので、自分にあった青汁選びが必須となります。

青汁とプラスしてNK細胞をさらに増やす方法


とにかく笑う

笑いは健康に導く自然のお薬です。
笑った時に脳に伝達物質が伝わると作られる神経ペプチドという成分が血液中やリンパ液中に流れ出すことで、NK細胞に付着してNK細胞を活性化させてくれます。

乳酸菌を摂る

NK細胞の本拠地は腸内です。
なので、腸の環境を整えることでNK細胞の活性化につながります。
便秘の解消にも繋がり、青汁と一緒に摂ることでさらに相乗効果を得ることができるのでオススメです。
乳酸菌配合の青汁が市販されているので探してみましょう。

良質な睡眠をとる

寝ても疲労感が取れない・朝スッキリ起きれないという時は要注意です。
体内のNK細胞が休止している可能性がありますので、良質な睡眠で活性化させ免疫を高める必要があります。
ケールの青汁にはメラトニンが豊富に含まれているので、良質な睡眠にはもってこいです。

↑go to top