青汁を飲んで血液をサラサラに

青汁に配合された栄養素の中には、血液をサラサラにする効果をもつものがたくさんあります。
不健康な体の特徴の一つとして、ドロドロの血液は有名です。
ドロドロの血液は動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす要因になります。
このドロドロ血液を改善するのに有効なのが、食物繊維やカロテン、ポリフェノールといった栄養成分です。
そして青汁には、これらの栄養素が配合されているのです。

栄養成分の働き

食物繊維は食物の吸収を緩やかにして、血中に大量の糖や脂質が溶け出すのを防ぎます。
また水溶性食物繊維に含まれるアルギン酸は、血中のコレステロールを下げてくれる効能があるのです。
カロテンやポリフェノールは、抗酸化作用が強い成分です。
抗酸化作用とは、細胞を錆びさせる「活性酸素」を排除してくれる働きのことです。
活性酸素がコレステロールや脂質と結びつくと、血管にへばり付くなどして血流を妨げます。
そして血液をドロドロにしてしまうのです。
またポリフェノールには、単純に血液の凝固を防ぐ効能もあります。

血液がサラサラである大切さ

血液がサラサラであることは、健康の上で非常に重要です。
血液には酸素や様々な栄養素を運搬する役割があります。
サラサラな血液が毛細血管まで行き渡ることで、体中にエネルギーが与えられるのです。
しかしドロドロの血液では血流が悪くなり、なめらかな運搬が難しいです。
それどころか末端の毛細血管にまで酸素や栄養が行き届かないこともあるのです。
また、スムーズな血液の循環は、新陳代謝を促進させることにも繋がります。
新陳代謝が活発に行われれば、体や内臓機能も向上し、若々しい肉体を維持することができるのです。

生活習慣の見直しと並行して青汁を

血液のドロドロを解消するには、まず食生活の見直しが必要です。
上記の食物繊維やカロテン、ポリフェノールが豊富に含まれているのは、野菜や海藻類です。
これらを意識して食事に取り入れることが重要です。
しかし野菜や海藻を、恒常的に必要量摂取し続けるのはなかなか難しいです。
そこで登場するのが青汁です。
青汁は、上記の血液サラサラに効果的な栄養素を、きちんと配合しています。
普段の食事の中で摂取できない分に関しては、青汁で補っていけばいいのです。
また野菜や海藻類の他にも、魚やキノコ類、果物を積極的に摂取していくのも、健康な血液を作るのに効果的です。
乳製品や肉類を控えるのもいいでしょう。
さらに食事だけでなく、生活リズムをバランス良く整えることも、血液サラサラには欠かせません。
飲酒や喫煙を控えるのもその一環です。
これに加えて、適度な運動を取り入れ、ストレス解消を行うことも重要です。
血液をサラサラにするには日頃から栄養バランスを整え、健康的な生活を心掛ける必要があります。

ただいつもの生活に青汁を加えるだけでは、血液サラサラ効果は出にくいのです。
生活習慣を見直すことに加え、青汁を摂取することで、より効果的に血液の状態を改善していくことができるのです。

こちらにはローヤルゼリー配合の青汁について書かれています。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related