青汁で生活習慣を改善

青汁と納豆

青汁と納豆を一緒に食べても、効果を打ち消し合ってしまうのではないか?と思われるかもしれません。
しかし、青汁と納豆の食べ合わせには大きな問題はありませんし、お互いの効果を邪魔することなく、むしろ効果を高め合うことができます。

健康・美容・ダイエット・生活習慣の改善といった様々な面から、青汁と納豆は、相乗効果を発揮してくれる無敵の組み合わせです。

青汁と納豆の共通メリット


便秘解消効果

青汁にも納豆にも多く含まれる食物繊維により、腸内にある悪玉菌を減らしてくれ、腸内環境を整えてくれます。
腸を活発にし、体の循環も良くなることで、痩せやすく、不要なものを溜め込まない体を作ることができます。

疲労回復効果

青汁・納豆には筋肉に働きかけるビタミンB群がバランスよく含まれています。
そのために、疲労回復効果があり良質な睡眠をとることができます。
また、ビタミンB1は、体の疲労回復だけではなく、目の疲れも解消してくれるので、スマホやパソコンの作業が多くなりがちな方は非常に重要な栄養素となります。

美肌効果

納豆に含まれるレシチンは、体内の毒素や老廃物を積極的に体外に排出する作用を示してくれるのです。
そのため、肌トラブルを未然に防ぐことができます。
青汁に含まれるビタミンCには抗酸化作用が働き、お肌の老化を防ぎハリや弾力のあるお肌をキープしてくれます。

納豆と青汁それぞれの栄養効果


納豆

リグルタミン酸という成分が含まれていて、ヒアルロン酸の10倍ほどの保水力があります。
そして、コラーゲン以上にアンチエイジング効果の高いポリアミンが含まれているので潤いのあるお肌を保てます。
また、納豆のネバネバであるナットウキナーゼには、血栓を予防し血液をサラサラに保つ効果があります。
血管が詰まることによっておこる病気のリスクを軽減してくれ、血液循環も良くなることで、代謝のアップにも繋がります。

青汁

青汁には亜鉛を多く含み、亜鉛には細胞を老化させる活性酸素の除去をしてくれます。
免疫力も高めてくれ、病気になりにくい状態を保ちます。
また、亜鉛はコラーゲンの生成に働きます。
細胞の活性化をし、お肌のターンオーバーの促進を助け、慢性的な肌トラブルから守ります。

このように青汁と納豆には、似ている効果が複数あります。
そのためお互いの方向性が同じなので相乗効果を発揮してくれます。
また、一緒に食べることにより納豆と青汁のない栄養もプラスアルファで 摂取することができるということになります。

さらに、どちらとも特別な調理が不必要で手軽に摂ることができます。
健康的に美を手に入れることができるのも魅力の一つです。

↑go to top