アトピーに対する青汁の効果

目次
  1. アトピーの原因とは
  2. 青汁はアトピー改善に効果的?
    1. デトックス効果
    2. 免疫力向上
    3. 整腸作用
  3. ケールの青汁がおすすめ
腕や首、背中など体のあらゆる部分が痒くなり、湿疹を繰り返すのがアトピーの辛い症状です。
そんなアトピーの症状を、青汁によって軽減できるのではないかと注目されています。
どんな効果を期待できるのか確認しましょう。

アトピーの原因とは

実はアトピーの原因はまだ解明できていないものが多いです。
最近の研究結果では、いくつかの要因が重なり合っているという見方が濃厚です。
遺伝によるものや周りの環境、乱れた生活習慣やストレス、バリア機能の低下、アレルギー物質に対する反応などです。
これらに体が反応して痒みや湿疹が現れるといわれています。
体にとって有害な環境にあるために体を守ろうとした結果、敏感に反応しすぎてしまい症状が出るのです。
これは免疫力が低下しているとも言えます。

青汁はアトピー改善に効果的?

では青汁のどんな効果がアトピーの症状軽減に有効なのかみていきましょう。

デトックス効果

体内に入った毒素や老廃物も、アトピー原因のひとつだと考えられるのでデトックスしましょう。
青汁に含まれるビタミンC・Eは、肝臓や腎臓の働きをサポートします。
肝臓は主に解毒の役割を担っている臓器で、血液と共に運ばれてきた毒素や有害物質を肝臓が処理しています。
その肝臓が弱っていると、処理しきれず皮膚上で解毒作業が行われることがあり、アトピーの悪化に繋がりかねません。
腎臓も老廃物の排出をしている臓器です。
働きが悪いと毒素や老廃物が体に蓄積してしまいます。
青汁でビタミンC・Eを摂取して、肝臓や腎臓の健康を保ち、デトックスを促進しましょう。

免疫力向上

青汁に含まれるミネラルやクロロフィル、亜鉛や鉄・銅には免疫力を高める働きがあります。
また抗酸化力のあるビタミン類には、免疫力を活性化させる効果があります。
とくにビタミンA・C・Eには抗酸化作用があり、皮膚を健康に保つ働きにも期待できるでしょう。
青汁にはバランスよくビタミン類が含まれているので、続けて飲むことで丈夫な体を目指せます。

整腸作用

青汁には食物繊維が豊富に含まれています。
老廃物やコレステロール、有害物質などを絡め取って体外へ排出することで、腸内環境を良好に保ちます。
実は、腸内には免疫細胞のうち約6割が存在しているので、腸内環境を整えておくと免疫力アップにも繋がります。
そして青汁に含まれるクロロフィルも、腸内の善玉菌を増やしてきれいな腸内環境作りをサポートします。
腸内を整えるだけでも免疫細胞の働きを邪魔しないので、アトピーの症状緩和を内側から支えてくれるでしょう。
3.ケールの青汁がおすすめ 青汁の中でもケールの青汁が特におすすめです。
近年の研究結果では、ケールの青汁がアトピーの症状軽減に効果的だと発表されました。
アトピーの原因とされる一つに、血中の好酸球の増加があります。
ケールにはこの好酸球の数値を低くさせる効果があると分かりました。
またケールにはビタミンB群が豊富に含まれるので、粘膜や皮膚を丈夫にして炎症を沈める効果もあります。
ケールは独特な苦みが特徴的ですが、牛乳やヨーグルトなどと合わせて飲みやすくしながら続けてみて下さい。
もちろん、ケールの青汁がなければ大麦若葉や桑の葉、明日葉などの青汁でも十分効果は期待できます。
辛いアトピー症状の緩和のために、青汁を飲むという手段も追加してみて下さい。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related