早朝に摂取したほうがよい理由

目次
  1. 早朝に摂取するメリット
    1. 脳の活性化
    2. エネルギー補給
    3. 青汁の栄養を吸収しやすい
    4. 体のウォーミングアップ
    5. 血糖値上昇の抑制
    6. ダイエット効果
  2. 青汁を早朝に飲んで健康になろう
青汁を早朝に摂取した方が良いと聞いたことがありませんか?早朝とは具体的に何時~何時と決められておらず、朝の早いうちのことをいいます。
では朝の早い時間に青汁を飲むとどんな良いことがあるのかを解説します。

早朝に摂取するメリット

脳の活性化

朝起きると頭がボーっとして喉が渇いているときがありませんか?人は寝ている間にコップ1杯分の水分を汗として排出していると言います。
水分が足りなくなると血液が脳に十分行き渡らず低血圧気味にもなってしまいます。
そこで起き抜けの早朝に青汁を飲むことで水分補給とともにたっぷりの栄養や血液を脳に届けることが出来ます。
青汁に含まれるビタミン類やポリフェノール、鉄分などが血行を促進させて脳に酸素や栄養を行き渡らせることで脳が活性化します。
脳が起きると神経を通して体中への指令がスムーズにできるので脳を活性化することは重要です。

エネルギー補給

人は寝ている間にたくさんのエネルギーを消費しています。
神経を正常に保っていたり、老廃物を取り除いたりしています。
そして体を動かし続けるために細胞がエネルギーを作り出しているのも寝ている間です。
起きているときに後回しにされていた脳や体内の仕事を睡眠中に行っていることがあるので、寝起きには身体がだるいときもありますよね。
そして寝起きは消費したエネルギーを補うために新たなエネルギーを欲している状態です。
青汁はビタミンやミネラル、ポリフェノールなど様々な栄養が詰まっているのでエネルギー補給を効率よく行えます。
ビタミンB群などにより睡眠中の疲労を回復しながら、新たな栄養を全身へスムーズに巡らせます。
早朝の青汁はエネルギー補給にぴったりです。

青汁の栄養を吸収しやすい

寝起きは新たなエネルギーを欲している状態だとお伝えしましたが、体が早くエネルギーを必要としているので栄養が吸収されやすい状態でもあります。
胃腸は長時間空っぽだったので次に入ってきたものは積極的に吸収していきます。
脳や筋肉、臓器に栄養を運んで体に活力をつけなければいけないので懸命に消化吸収活動をします。
そこで青汁を飲むことでふんだんに含まれる栄養を無駄なく吸収することができます。
胃の中には吸収を阻害するものは何もないのでスムーズに摂りこみ、ビタミン、ミネラル、食物繊維、アミノ酸などを効率よく吸収してその効果を発揮させることができるでしょう。

体のウォーミングアップ

睡眠中は体をほとんど動かさないので体温が低下しています。
体が休息モードになっているのですが、朝にはその体温を上げなければなりません。
体温が上昇すると休んでいた脳や身体機能がウォーミングアップを始めて活動モードに変わるからです。
そのために早朝から青汁を飲んで胃腸を起こし、消化吸収を促すことで体が目覚めてだんだん体温は上がってくるでしょう。
1日の始まりとして青汁を飲むことで体の機能を正常にすることができます。

血糖値上昇の抑制

早朝に青汁を飲むことで体が目覚めますが、その後に朝食を摂取することもあるでしょう。
その朝食ではパンやごはん、卵やヨーグルトなどを口にする方が多いでしょうが、それらの糖質の吸収を青汁の食物繊維やビタミン、難消化性デキストリンなどが防いでくれるので、血糖値の急上昇を防ぐことが出来ます。
もし青汁を飲まずにパンやごはんを食べ始めると真っ先に糖質が体に吸収されて血糖値も上がり、脂肪として体に溜まりやすくなります。
青汁を朝に飲んでおくことで肥満の防止にも繋がるということです。

ダイエット効果

早朝の青汁が肥満防止になるとお伝えしましたが、朝食を摂らない人にもメリットはあります。
朝ギリギリまで寝ていたり、食欲が無かったりして朝食を抜いているという方は多いでしょう。
そうすると、前日の夜から翌日の昼まで何も食べないことになり、胃腸は栄養不足を感じてしまいます。
体は栄養不足を免れるために脂肪を蓄える働きが強まってきます。
その状態で昼食を摂ると、昼食の脂肪分を過剰に吸収してしまいます。
普段は摂り込まずに排出する脂肪分を吸収することで肥満に繋がってしまいます。
しかし早朝に青汁を摂取しておくと消化吸収活動をして体にはたくさんの栄養が入ってきた状態です。
栄養があるので脂肪分を蓄える必要がありません。
昼食の脂肪分を余分に吸収することがなく肥満防止に繋がります。

青汁を早朝に飲んで健康になろう

青汁を早朝に飲むことでたくさんの健康効果があると分かりました。
青汁自体は医薬品ではないので厳密に飲む時間帯は決められていませんが、体の機能は時間帯によって変わってきます。
体が青汁の栄養を存分に吸収できて、体のリセットや肥満防止にも繋がる時間帯に飲むのが効率の良い摂取方法となります。
それが早朝です。
起き抜けの1杯に水分補給として青汁を選んでみてはいかがでしょうか。
朝から体がフレッシュになり活動しやすくなるでしょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related