慢性疲労にも効く青汁で疲労回復

目次
  1. 慢性疲労とは?
    1. 慢性疲労の原因
    2. 慢性疲労の症状
  2. 青汁で疲労回復しよう
    1. 効果的な栄養素
      1. ビタミンB群
      2. ビタミンC・E
      3. クエン酸
      4. SOD酵素
      5. カルシウム
      6. ポリフェノール
      7. メラトニン
    2. 青汁習慣が疲れを癒す
睡眠はとっているのに翌日に疲れが残っている、いつも疲れていて倦怠感が酷い、こんな方は慢性疲労かもしれません。
疲れが慢性的に続いているので日常生活にも支障をきたすことがあります。
そんな疲労には青汁がおすすめです。
青汁には疲労回復に効果的な栄養素がふんだんに含まれています。
慢性疲労も改善へ導く青汁の効果についてご紹介します。

慢性疲労とは?

慢性疲労の原因

疲労の原因として挙げられるのはストレスです。
よくイライラを感じてしまう精神的ストレスもありますが、重労働や遅い時間までの残業が続くときの身体的ストレスもあります。
さらに紫外線や黄砂などの化学物質、感染症などの生活環境ストレスもあります。
これらの状況により体に酸化ストレスが溜まり、筋肉細胞や神経細胞が酸化して壊されてしまいます。
通常は休んだり睡眠をとったりすることで、人間の元々持っている修復能力によって細胞が修復され疲労は回復するのですが、運動や作業を止めずに働いたり、強いストレスの状況下から逃れられなかったりすると細胞の修復が進みません。
細胞が疲れたままの状態にさらに疲労が積み重なっていくことで、疲労が改善されずずっと疲れたままの慢性疲労に繋がってしまいます。
また、精神・肉体的ストレスの他に、体を回復させる栄養が足りない栄養不足や、疲労を回復する機能が低下するほどの体のゆがみなども原因となります。
骨盤が歪んでいたり猫背で背骨が曲がっていたりすると内臓に負荷がかかり疲労回復がスムーズにできなくなります。
働き過ぎの日本人は特に頑張り過ぎてしまうので、慢性疲労の方が多いです。
体が悲鳴を上げる前に疲労回復することが重要です。

慢性疲労の症状

慢性疲労は自律神経が乱れることで様々な症状が起こります。
まず精神的なものでは、やる気がでない・不安感・焦り・食欲不振などです。
疲れているのに次の仕事をやらなければいけない、休めない、といった悪循環から精神力が弱まってしまいます。
体にも被害が出ます。
不眠やめまい、頭痛、全身の痛み、動悸や息切れ、手足に力が入らない、風邪を引きやすくなるなどの自覚症状が現れます。
さらに健康被害としては高血圧、低血圧、高血糖や低血糖などの数値が異常になり病気を招いてしまうこともあります。
そのまま無理し続けてしまうと「慢性疲労症候群」になる可能性もあります。
これは慢性疲労とは違い、圧倒的な疲労により実生活を送ることが困難になることです。
6か月以上慢性疲労の症状があり、疲労によって活動や仕事ができないなどが判断基準です。
不眠やうつ病、認知力低下などの様々な症状に合わせて治療することになりますが、周りから見ると「怠けている」と捉えてしまう人もいるので本人にとっては辛い病気です。
そんな症状に陥る前に、疲労の回復が必要です。
栄養素を補うことでも疲労は十分改善されます。
そこで手軽に摂取できる青汁がオススメです。

青汁で疲労回復しよう

効果的な栄養素

ビタミンB群

ビタミンB1・B2・B6・B12などが疲労に効果的です。
主に栄養素をエネルギーに変えて筋肉や神経の疲れを和らげる働きがあります。
糖分や脂質、たんぱく質の代謝を促進して体にエネルギーをつけます。
神経の機能を正常に保つので、自律神経を整えて疲労回復機能も正しく働かせてくれます。

ビタミンC・E

細胞の酸化を防いで体の免疫力を高めます。
血流改善を促すので、溜まった疲労物質を運んで体外に排出してくれます。
特にビタミンCはストレスへの抵抗性を高めるのでイライラの緩和がスムーズにできます。
副腎の働きも促進して副腎疲労の予防にも努めてくれます。
さらに鉄分やマグネシウムなどの吸収しにくい栄養素の吸収率を高めて効果を逃しません。
強い抗酸化作用もあるので活性酸素を溜めこまずに除去して疲労の蓄積を解消します。
青汁にはビタミン類が豊富に含まれるので効率よく疲労回復してくれるでしょう。

クエン酸

酸っぱい成分であるクエン酸には、血液をサラサラにして活性酸素を除去する働きがあります。
そして筋肉細胞や神経細胞のダメージを修復するためのエネルギー源であるアデノシン三リン酸を産生する回路を活性化して、効率よく疲労回復できるように働いてくれます。
クエン酸入りの青汁を飲むことで効果を得られるでしょう。

SOD酵素

大麦若葉に多く含まれるSOD酵素は、疲労の原因である活性酸素を除去するので疲れを溜め込みません。
強い抗酸化作用によって酸化ストレスから体を守ってくれます。
老化や肌荒れも防止してくれるでしょう。

カルシウム

カルシウムはストレスに対抗する成分です。
興奮や緊張感を抑える作用があるのでイライラを緩和することができます。
青汁には植物性カルシウムが豊富に含まれます。

ポリフェノール

青汁には様々なポリフェノールが含まれます。
ポリフェノールにも抗酸化作用があるので活性酸素を分解、除去して疲労回復に大きく影響します。
ケールにはケルセチンやイソチオシアネート、明日葉にはカルコンやクマリン、桑の葉にはアントシアニンなど、原料それぞれに違ったポリフェノールが含まれています。

メラトニン

主にケールに多く含まれているメラトニンは、睡眠ホルモンと呼ばれる眠りを促す成分です。
質が良い深い眠りに付くことで、寝ている間の細胞修復が活発になります。
翌朝には疲れが取れてスッキリと目覚めることができるでしょう。

青汁習慣が疲れを癒す

このように青汁には様々な疲労回復に効く栄養素が含まれています。
疲れたときだけ飲むのではなく、毎日の習慣として青汁を飲むことで疲れが取れやすい体作りをサポートしてくれます。
仕事が激務でなかなか休めない方や、家事や育児に追われて栄養不足になりがちの方は、青汁を飲んで日々の疲れを溜め込まないようにしてください。
慢性疲労になって体が悲鳴を上げる前に、青汁で対策することで健康を維持できます。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related