青汁を買う前に飲む目的を定めよう

目次
  1. 青汁を飲む目的
    1. ダイエット
    2. 栄養補給
    3. 便秘解消
    4. 病気予防
    5. アンチエイジング
    6. 子供の野菜不足解消
漠然と体に良さそうだからと青汁を飲み始めても、青汁に何を期待するのか目的が無ければモチベーションが上がらないので長続きしません。
青汁を買う前にしっかり目的を定めておくことが大切です。
青汁にはどんな効果があるのかをご紹介しますので目的を見つけてみて下さい。

青汁を飲む目的

ダイエット

ダイエットを考えている方は青汁を飲んで健康的に目標体重を目指しましょう。
青汁には食物繊維が豊富に含まれているので便秘を解消します。
便秘が続いていると、代謝機能が低下して消費カロリーが減り、太りやすい体になってしまいます。
便や老廃物が無くなることで痩せやすい体作りを目指せます。
この食物繊維は、食前に摂取することで食事の脂肪や糖が腸から吸収されるのを抑制します。
すると血糖値の上昇が抑えられて脂肪の蓄積を抑えることが出来ます。
そして青汁にはカリウムが含まれます。
カリウムは利尿作用があるので体に溜まった余分な水分や塩分を排出します。
むくみ太りを解消したい方は青汁でスッキリボディを目指せます。
さらにダイエットするなら青汁を飲むだけでなく運動も必要ですよね。
その運動による脂肪燃焼効果も青汁は高めてくれます。
青汁に含まれるビタミンB群が脂質や糖、たんぱく質の代謝を促進して脂肪燃焼や分解に効果的です。
そしてカルシウムなどのミネラルは脂肪分解酵素を生成するのに必要です。
運動と合わせて青汁を飲むことで効率よくダイエットすることが出来るでしょう。

栄養補給

普段野菜をあまり食べない人や、コンビニ弁当・インスタントラーメンなど偏った食生活を送っている人は栄養不足になりがちです。
野菜の栄養価はとても高く、厚生労働省でも成人が1日に摂取すべき野菜は350gと定めています。
働き盛りの若い世代ほど、仕事が忙しくて野菜を食べていない割合が多いです。
そこで青汁を飲んで手軽に野菜の栄養を補給しましょう。
青汁には野菜に含まれるビタミンやミネラル、ポリフェノール、食物繊維などが豊富に含まれています。
野菜の栄養を摂取することで肥満対策や生活習慣病の予防、便秘解消、脳の活性化など、健康効果がたくさんあります。
現代人に不足しがちな野菜の栄養を青汁で補いましょう。

便秘解消

食生活が乱れていたりストレスを抱えていたりすると腸の働きが低下して便秘になってしまいます。
特に女性に多いといわれる便秘は、慢性化している人も多くお腹のポッコリが辛いですよね。
青汁には便秘解消にも効果的な成分が豊富に含まれています。
まず便秘といえば食物繊維です。
青汁に含まれる食物繊維と、青汁によく添加されている難消化性デキストリンが効果的です。
難消化性デキストリンはとうもろこし由来の水溶性食物繊維です。
腸内に溜まった便を柔らかくして量を増やし、腸を刺激することで自然と排出してくれます。
便秘薬のような辛い痛みも伴いません。
さらにビタミンC・Eは腸の活動を活発にしたり、腸の血行を促進して正常な働きをサポートしたりと低下している腸の働きを支えます。
自然なお通じのために便秘気味の方は青汁を飲みましょう。

病気予防

現代では食の欧米化が進み、加工食品や肉、ジャンクフードや砂糖が多いスイーツなど様々な食品が溢れています。
それらは脂肪や糖の塊であり、胃腸に負担をかけるだけでなく生活習慣病の引き金にもなってしまいます。
肥満や高血圧、高脂質症や糖尿病など、進行すると命に係わる重い病気に繋がります。
それらを回避するために青汁のビタミンやミネラル、食物繊維やポリフェノールが効果的です。
ビタミンCや食物繊維により血糖値や血中コレステロールを低下させたり、カリウムで塩分を排出して血圧を下げたり、食べ過ぎ抑制による肥満防止など様々な効果をもたらしてくれます。
生活習慣病が心配な方は青汁を飲んで予防・改善しましょう。

アンチエイジング

青汁には抗酸化物質が含まれるので、気になる肌のシミやシワ、くすみなど年齢を感じさせるものを予防・改善することが出来ます。
ビタミンC・E、ポリフェノール、SOD酵素などが効果的です。
強力な抗酸化作用によって老化の原因となる活性酸素を除去することで、細胞を老化させません。
若々しい肌作りをサポートしてくれるでしょう。
さらに肌だけでなく体内のアンチエイジングも期待できます。
体の内側が老化してしまうとあらゆる機能が低下して健康的な生活が送れなくなってしまいます。
しかし青汁の成分で体内の血管や臓器などの細胞の活性酸素も除去することで機能を維持することが出来ます。
内臓の機能が低下すると様々な病気に繋がるので体の内側のアンチエイジングも必要です。
内側も外側もアンチエイジングしてくれる青汁は若さの秘訣です。

子供の野菜不足解消

子供が野菜嫌いでなかなか食べてくれないと悩んでいる親御さんは多いでしょう。
野菜の栄養をしっかり摂ってほしいという想いは、青汁で解決できます。
青汁は様々なアレンジができるので、子供は知らないうちに食べてくれます。
例えばバナナと牛乳と青汁でスムージーを作ってあげたり、ホットケーキに青汁を混ぜておやつとして出してあげたり、味噌汁やスープに入れて飲ませてあげたりすると自然と口にしてくれます。
マフィンやパウンドケーキなどのおやつなら甘くて美味しいので進んで食べてくれるかもしれませんね。
野菜嫌いのお子さんにもぜひ青汁を摂らせてあげてください。
そのうち自分から野菜を食べてくれるようにと期待できます。
青汁を飲む目的としていくつか挙げましたが、目的はその人や家庭でそれぞれ違います。
用途に合わせて賢く青汁を飲んで健康になりましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related