青汁で生活習慣を改善

青汁とビタミンBの関係

青汁にはビタミンが豊富に含まれています。
そのため青汁を摂取することでビタミン不足の解消が期待できます。
ビタミンには体の多くの機能のサポートをする役割があります。
健康増進の期待ができるなど、ビタミンは生命維持において重要な成分なのです。
ビタミンには様々な種類がありますが、その中でも青汁に特に多く含まれているのはビタミンB群になります。

ビタミンB群の種類と注意点

ビタミンB群に分類されるのは、以下の8種類です。
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • ビオチン
これらのビタミンB群は、摂取量が少ないと心身に不調をもたらします。
多く摂取する分にはほぼ問題がありません。
過剰なビタミンBは汗や尿として体外に排出されるためです。

しかしビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸はあまりに過剰に摂取した場合、非常に稀ですが、手足の痺れや痒みといった症状が出たという報告もあります。
ビタミンは本来、脳や神経に働きかけて精神を快活にしたり、集中力をあげるなど素晴らしい効果がある成分です。
用法用量を守り、節度を持って服用すれば、青汁は非常に有効なビタミン摂取のお供になるのです。

青汁のビタミンBから得られる効果や特徴

ビタミンBは、健康や生命活動の維持に欠かせない、重要な成分です。
しかしビタミンBは水溶性であるため、調理や加工過程での損失が多く、普段の食事から十分に摂取することが難しいのです。
しかし青汁なら問題なく摂取できます。
元からビタミンBが溶けたドリンクですので、摂取の効率や消化吸収も抜群です。
ビタミンB群は、補酵素として大きな役割をもっています。
体がエネルギーを作る際に必要なのが酵素であり、その酵素を補助するのが補酵素なのです。
ビタミンBが不足すると、人体の資本であるタンパク質やアミノ酸の代謝がスムーズに進まなくなってしまいます。
またDNAの中心にある「核酸」の合成がスムーズにいかなくなる場合もあります。
その場合DNA自体の合成や細胞分裂が阻害される可能性もあります。
細胞の循環が滞れば、代謝が鈍って老化したり、発がん性物質が生成されてしまうこともあります。

このようにビタミンBは、エネルギーを作ったり、生命・健康を維持する上でとても重要な成分なのです。
普段の生活の中では摂りにくいビタミンBを手軽に摂取でき、補ってくれるのが青汁のポイントです。
心身共に元気がないという人は、ビタミンBが不足している可能性を考える必要があります。
心身の健康の改善、その第一歩として、青汁からビタミンBを摂取してみてください。

↑go to top