青汁を飲むメリットは?

目次
  1. 青汁を飲むメリット
    1. 豊富な栄養素の摂取
    2. 便秘解消・デトックス効果
    3. 生活習慣病の予防
    4. 美容効果
  2. 青汁は持ち運びに便利
青汁を飲むと体に良いといわれていますが、具体的にどんな効果があるのでしょうか。
青汁のメリットについてまとめます。

青汁を飲むメリット

豊富な栄養素の摂取

青汁の原料として、大麦若葉やケール、明日葉、桑の葉などの栄養価の高い緑葉野菜が使われます。
そのため青汁の栄養価も必然と高くなります。
青汁は、コップ1杯でビタミンやミネラル、食物繊維、ポリフェノール、クロロフィルなどを摂取することができます。
毎日の食事で栄養バランスの偏りが気になる方や、外食・コンビニ弁当が多い方が、不足しがちな栄養を手軽に摂取できる方法の一つです。
十分な栄養を野菜から摂取しようとしても、違う種類の大量の野菜を毎日食べ続けなければいけないのは結構難しいことです。
野菜不足が深刻な現代には必要な健康飲料です。

便秘解消・デトックス効果

青汁には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。
食物繊維は、腸内で便や老廃物を絡め取って一緒に排出してくれるので、便秘解消効果があります。
便秘で悩んでいる人は、飲み続けることで排出サイクルが整うので、毎朝スッキリできるでしょう。
腸内にこびり付いた宿便や毒素、有害なダイオキシンなども排出するので腸内をきれいにしてデトックス効果も期待できます。

生活習慣病の予防

暴飲暴食やストレス、乱れた食生活、飲酒や喫煙などを続けると、将来の生活習慣病のリスクが高まります。
主な生活習慣病は高血圧や動脈硬化、糖尿病、痛風、心筋梗塞などです。
これらは規則正しい生活と栄養バランスの整った食事、適度な運動をすることでリスクを下げることもできます。
そのために青汁も一役買います。
生活習慣病の原因の一つが偏った食生活ですが、青汁を生活の一部に取り入れることで、野菜の栄養を補給して体の内側から健康を目指せます。
また腸内では、青汁の食物繊維が余分な脂質や糖分を吸着して、体に吸収されることを抑制するので、血糖値やコレステロール値の上昇を抑えてくれます。
肥満を予防するだけでも生活習慣病の回避に繋がります。
さらに青汁のビタミンやミネラルが血行を促進して、血管にコレステロールが蓄積することも抑制するので重大な病気を防いでくれるでしょう。

美容効果

青汁にはビタミン類が豊富に含まれるので、肌のターンオーバーを促進したり、シミやくすみを予防したり、ニキビや吹き出物の炎症を抑えてくれたりと美肌効果が期待できます。
また食物繊維によって腸内環境が良好になると肌トラブルが解消されます。
今ある肌の悩みにも、今後の予防対策のためにも青汁は効果的です。

青汁は持ち運びに便利

青汁は1杯ずつ飲むために1袋ずつ個包装されていることが多いです。
そのため場所や時間を選ばずに、いつでもどこでも飲めます。
水筒に入れて持ち運んでも良いですし、ランチタイム時や旅行先には1袋ずつ持ち運びしてその場で作ることができます。
例えば、野菜ジュースや酵素ドリンクは1Lや750mlなど大きいペットボトルや瓶で入っているので持ち運びには向きません。
1杯ずつ新鮮な状態で飲むことができる青汁はとても便利です。
最近ではサプリメントタイプやゼリータイプの青汁もあるので、さらに持ち運びやすくなりました。
青汁のメリットはたくさんあります。
健康のため、ダイエットのため、野菜不足解消のためなど飲む人それぞれの目的がある青汁ですが、メリットがあることは共通しています。
青汁を飲み続けて理想的な健康生活を送ってください。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related