青汁の育毛効果

目次
  1. 薄毛の原因
    1. 食生活の乱れ
    2. 不規則な生活
    3. 遺伝やホルモンによるもの
    4. 過度なヘアケア
  2. 育毛に効果的な青汁の栄養素
    1. ビタミンB2・B6
    2. ビタミンC
    3. ビタミンE
    4. ビオチン
    5. 亜鉛
    6. 食物繊維
  3. たんぱく質を青汁以外から摂ろう
  4. 育毛剤の前に青汁を
最近髪の毛が薄くなってきたとひそかに悩んでいませんか?年のせいだと諦めないでください。
薄毛の原因は普段の生活習慣にもあります。
青汁を飲むことで育毛にも効果的なことをご存知でしょうか。
髪の毛にどんな良い影響を与えてくれるのかを紹介します。

薄毛の原因

まず薄毛の原因を簡単に知っておきましょう。

食生活の乱れ

薄毛の原因として、日々の乱れた食生活も関わってきます。
栄養が足りない偏った食事や、肉や揚げ物ばかり食べていると血中脂肪が増えます。
血流が悪くなり、ドロドロした血液が作られてしまうでしょう。
すると血管を通して頭皮に送られるはずの栄養が届きにくくなります。
髪の毛の養分がなければ丈夫な髪は育ちません。
さらに皮脂が増えることで頭皮が塞がり、貧弱な髪の毛になってしまいます。

乱れた生活習慣

忙しくて夜眠れなかったり、ストレスを抱えていたり、たばこを止められなかったりと生活習慣の乱れも大きく関わります。
夜しっかり眠らないと成長ホルモンが分泌されず強い髪の毛が育ちません。
またストレスや喫煙により血行不良を起こして頭皮への栄養が運ばれなくなります。

遺伝やホルモンによるもの

「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが抜け毛を促進したり育毛を阻害したりすることが原因の一つでもあります。
この活動具合は遺伝の影響が大きいので、薄毛は遺伝によるものだと認識されることもあります。
また女性ホルモンが低下する産後や更年期も薄毛が進行します。
男女ともにホルモンの影響があるということです。

過度なヘアケア

パーマやカラーリングのし過ぎや、ヘアワックスの使い過ぎなども髪の毛を直接痛めてしまい薄毛の原因に繋がります。

育毛に効果的な青汁の栄養素

ビタミンB2・B6

ビタミンB2・B6は髪の成長を助けて、皮脂の過剰分泌を抑制します。
ビタミンB2は脂質の酸化を予防して血管に過酸化脂質が沈着することを防ぐので、血流を悪化させません。
青汁にはビタミンB2・B6の含有量は少ないものの摂取できます。

ビタミンC

青汁にはビタミンCが豊富に含まれます。
薄毛に効果的な亜鉛の吸収率を上げてくれます。
また薄毛の原因の一つであるストレスにも対抗します。

ビタミンE

血行を促進して頭皮や毛根に栄養を届けます。
強い抗酸化作用を持っているので頭皮の皮脂が酸化するのも防いでくれるでしょう。
またビタミンCとともにお互いの効果を高めるので、青汁で合わせて効率よく摂取しましょう。

ビオチン

頭皮の血行を促進させて強い髪の毛を育てるだけでなく、白髪も予防します。
髪の毛の健康を維持してくれるでしょう、

亜鉛

亜鉛はホルモンの合成や新陳代謝に関わっています。
たんぱく質から髪の主成分であるケラチンを合成するのに必要です。
亜鉛を摂取することで強い髪質になり、髪の成長も促進されます。
ストレスや飲酒で亜鉛が消費されてしまうので、青汁で効率よく摂取しましょう。

食物繊維

食物繊維を摂取して腸内の環境を整えておくことで、育毛に必要な栄養素の吸収率を高めます。
食物繊維は余分な脂質に吸着して一緒に排出されるので、血液がドロドロになることも防いでくれます。
青汁による育毛効果のために重要な役割を果たしています。

たんぱく質を青汁以外から摂ろう

髪の毛の99%はタンパク質(ケラチン)でできているため、たんぱく質を摂取する必要があります。
しかし青汁にはタンパク質が含まれません。
肉や魚、卵、豆類などを進んで摂取して髪の毛の材料を十分にしておきましょう。
たんぱく質を摂取することで青汁の効果も発揮できます。

育毛剤の前に青汁を

青汁には育毛をサポートする成分が豊富に含まれています。
髪が薄くなってきたときに育毛剤に頼るのも手段ですが、育毛剤は高価なものが多く使い続けるのが大変です。
青汁は1か月2~3000円程度で毎日続けられるので、体の内側から育毛促進をしていきましょう。
また青汁だけに頼らず、日々の生活習慣を正すことも大切です。
薄毛が気になってきた方はまず青汁を飲むことから始めてみて下さい。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related