ローヤルゼリー配合の青汁

目次
  1. ローヤルゼリーについて
    1. ローヤルゼリーとは?
    2. ローヤルゼリーの栄養価
    3. ローヤルゼリーの効果
      1. アンチエイジング効果
      2. 女性の悩み改善
      3. 冷え症・肩こりの改善
      4. ストレス緩和
      5. 高血圧や動脈硬化の予防
      6. がん予防
    4. ローヤルゼリーの味・におい
  2. ローヤルゼリー配合の青汁とは
    1. 青汁との相性
    2. ローヤルゼリーはどのくらい含まれるのか
    3. 市場価格は?
最近の青汁には美容成分が含まれる女性に人気のものが増えてきました。
中でもローヤルゼリーが配合された青汁は、今までありそうでなかった組み合わせといえます。
ローヤルゼリーといえばよくカプセル状のサプリメントをテレビで見かけますよね。
それが青汁に含まれるというのは、液体が含まれるのか?粉末状なのか?効果のほどは?と色々疑問点が出てきます。
今回はその疑問点を解決すべくローヤルゼリー配合の青汁についてご紹介します。

ローヤルゼリーについて

ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーは直訳すると王様の召し上がるゼリーという意味で、女王蜂しか食べられない特別なものです。
ローヤルゼリーが蜂蜜の高級版だと勘違いしている方も多いかもしれません。
または濃縮した蜂蜜、蜂蜜の加工品だと思っている場合はまず「蜂蜜」から離れて考えましょう。
ローヤルゼリーは花の蜜を集めた働き蜂の体内で合成、分泌される乳白色でクリーム状の物質です。
別名ビーミルクや蜂乳とも呼ばれていて、希少価値が高く人間の母乳のような感覚です。

ローヤルゼリーの栄養価

タンパク質と、9種類の必須アミノ酸、15種類のその他のアミノ酸がローヤルゼリーの約13%を占めています。
そしてビタミン10種類、中でもB群が豊富に含まれていて、現代人に不足しがちなエネルギー生産を補助するパントテン酸なども多いです。
その他、ミネラル8種類、脂質、糖質などと、ローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸が含まれています。

ローヤルゼリーの効果

アンチエイジング効果

アミノ酸やビタミンB群によって肌のターンオーバーが促進されて若々しい美肌へと導いてくれます。
またたんぱく質の一種であるアピシンは細胞の増殖を促進して新陳代謝を促すことで肌が生まれ変わります。
老化防止効果のある「類パロチン」というホルモンの一種も含まれるので代謝が活発になりアンチエイジング効果を期待できます。

女性の悩み改善

ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸には女性ホルモンの分泌を促進させる働きがあるので、ホルモンバランスを正常に整えます。
またローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸は、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをします。
更年期障害はエストロゲンの不足によって自律神経が乱れてしまい、動悸やめまい、不安感や情緒不安定などが起きます。
デセン酸によってホルモンバランスを調整することで改善に一役買います。

冷え症・肩こりの改善

自律神経の乱れで体の血流が悪くなり血行不良となることで肩こりや冷え症を招きます。
ローヤルゼリーのアミノ酸やデセン酸、パントテン酸、ビタミンB群により自律神経を整えて血行が正常化することで肩こりや冷え症を改善します。

ストレス緩和

ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンは、神経伝達物質なので脳の興奮状態を起こすアドレナリンなどを抑えてイライラを緩和、リラックスするように促します。
またパントテン酸はストレスを感じたときに抗ストレスホルモンの合成に使われるので、効率よくストレスを緩和できます。

高血圧や動脈硬化の予防

ローヤルゼリーに含まれるパントテン酸が血管壁に溜まったコレステロールや中性脂肪を取り除いてくれるので高血圧を正常にして動脈硬化も未然に防いでくれます。

がん予防

ローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸には抗がん作用があると言われています。
またがん細胞を殺す働きをする「NK細胞」を活性化する作用もあるので、NK細胞の減少を防いで、がんの予防に効果的であると報告されています。

ローヤルゼリーの味・におい

蜂が作り出すのだから甘くて美味しいだろうと思うかもしれませんが、ローヤルゼリーは酸っぱい匂いがしてピリッと刺激のある酸味があります。
蜂蜜のような甘さは一切ありません。
この強い酸っぱさが高い栄養価の証拠にもなっているのです。

ローヤルゼリー配合の青汁とは

青汁との相性

ローヤルゼリーが含まれた青汁を見てみるとローヤルゼリーの粉末が含まれるものが見つかりました。
やはりドロッとした液体を入れるのではなく粉末化したのでしょう。
ローヤルゼリー自体に甘さは無いので、青汁と配合しても甘くはありません。
むしろ青汁原料やプラスのお茶成分の香りが強く、粉末だけ見るとローヤルゼリーが入っているのは分からないくらいです。
スッキリと青汁に馴染んでいる点からすると相性は良いのかもしれません。
ローヤルゼリーの酸っぱさを感じるという口コミもほぼありませんでした。

ローヤルゼリーはどのくらい含まれるのか

ローヤルゼリーは500mg含まれるという青汁が多いです。
日本健康・栄養食品協会では、ローヤルゼリーの1日の摂取目安量が500~3000mgなので、1日2~3杯の青汁を飲んでも大丈夫でしょう。

市場価格は?

大手ショッピングサイトで確認してみたところ、だいたい1か月分30包入りが3000円台でした。
定期コースにすると初回1箱が半額になるなどの特典もありましたが、一般的な青汁にもよくあります。
安くもなければ高くもない、割とありがちな価格と言えます。
ローヤルゼリーが配合されたからといって割高になることはありませんでした。
女王蜂の成長を支える栄養満点で効果抜群なローヤルゼリーが配合された青汁をぜひ試してみてください。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related