レモン風味の青汁は飲みやすい?

目次
  1. レモン風味の青汁の特徴
    1. 酸味が好きならオススメ
    2. レモンの栄養素
    3. アレンジして飲みやすくしよう
  2. どのくらい流通しているの?
レモン風味の青汁を見たことがありますか?酸っぱいレモンが青汁と組み合わさるとどんな味になるのか気になりますよね。
レモンの栄養もしっかり摂れるのか知りたいところです。
そんなレモン風味の青汁について追及します。

レモン風味の青汁の特徴

酸味が好きならオススメ

レモン風味の青汁は市販やインターネットで売られています。
その見た目はほとんど普通の青汁ですが、レモンが含まれているからかなんとなく淡い緑色にも見えるでしょう。
その味はまさにレモンです。
レモンのあの酸っぱさが強く感じられて後から青汁の香りが感じられます。
普通に青汁を飲むよりは飲みやすくてサッパリできます。
しかし酸味が苦手な人であれば少し飲みにくく感じるかもしれません。
他のフルーツを加えずにレモンと青汁だけの場合は、青汁の香りをレモンでカバーするため酸味が強くなってしまいます。
レモンやグレープフルーツのような酸味が好きだという方にはオススメできます。
酸っぱさが好きであればとても美味しく召し上がることが出来るでしょう。
酸味があまり好きではないという方は、レモン以外のフルーツも入ったレモン風味の青汁を選ぶと良いでしょう。

レモンの栄養素

レモンにはビタミンCやクエン酸、ポリフェノール、リモネンやカリウムが含まれます。
ビタミンCは抗酸化作用があり紫外線ダメージを軽減したり、コラーゲンの生成をサポートしたりと美肌への効果が期待できます。
シミやシワ、たるみが気になったら積極的に摂りたい栄養素です。
レモン風味の青汁にはビタミンCが豊富に含まれるので、大事な成分が壊されないように作り置きをせずに、お湯ではなく水で作ってすぐに飲むようにしてください。
そしてレモンの酸味の素であるのがクエン酸です。
クエン酸はミネラルを体に吸収しやすくなるようにサポートするので、青汁の栄養をしっかり摂りこむことが出来ます。
さらにレモンの皮に多く含まれる香り成分であるリモネンは、リラックス効果があります。
神経を正常に働かせるための細胞を活性化して不安やストレスを取り除きます。
アロマオイルとしても使われることがあるほどです。
レモン風味の青汁を飲むときは、まず香りを楽しんでから飲み始めることでリラックスできそうですね。

アレンジして飲みやすくしよう

レモン風味の青汁はアレンジすることでより飲みやすくなります。
例えばレモンといえば蜂蜜が合います。
蜂蜜を一回しだけかけてから飲むとレモンの酸味と蜂蜜の甘さが引き立てあうのでまろやかに飲むことが出来ます。
そしてレモンは炭酸とも相性が良いです。
レモン風味の青汁を炭酸水で割って作るのもオススメです。
レモンソーダのような青汁になり、青汁のにおいも感じにくくなるので苦手な方でもゴクゴク飲めるでしょう。
さらにプレーンヨーグルトでも美味しく食べることが出来ます。
ヨーグルトにレモン風味の青汁を混ぜるだけです。
レモンとヨーグルトの酸味が相まってサッパリした味わいになります。
お好みで蜂蜜をかけても甘さがプラスされて美味しくなります。
他にも牛乳や豆乳で割ってまろやかな風味を楽しむのも良いでしょう。
レモンと相性の良い食品で美味しく食べることで飽きずに青汁を続けることが出来ます。

どのくらい流通しているの?

レモン風味の青汁はどのくらい売られているのでしょうか。
大手インターネットショッピングサイトを見てみると、「レモン風味」「はちみつレモン味」「レモン入り」などレモン風味の青汁はたくさんありました。
中でもレモンが主役のような青汁もあり、需要の高さが伺えます。
他にもレモンを含む果実入りの青汁や、ダイエット用のフルーツ青汁にもレモンが含まれていました。
レモンをしっかり味わいたい方はレモンがメインの青汁を選んで、酸味は少し苦手な方はたくさんのフルーツと共にレモンが含まれるような青汁を選ぶと良いでしょう。
レモンは肌にも気持ちにも健康にも効果的なのでとてもオススメです。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related