青汁の正しい飲み方

青汁のパワーをしっかりと実感する為には、正しく摂取することを意識しましょう。
飲み方・取り方が間違えているとなかなか満足度が高まらないので、意外と重要なポイントです。

このページでは、飲み方の基本を解説!
賢い活用方法を紹介します。

継続することが大前提!

三日坊主では効果を実感することができません。
継続して摂取することが最も重要なポイントです。

・忘れずに毎日飲み続けること
・可能な限り長期間飲み続けること

この二点を意識すると、満足度がぐっと高くなるので意識してみましょう。

大体の目安ですが、まずは1~2ヶ月継続することをオススメします。
もちろん、実感までの期間には個人差があります。
飲み始めてから1~2ヶ月経過しても実感できない…という場合でも、諦めずに続けてみましょう。

ただし、3ヶ月、4ヶ月と続けても変化を実感できない場合は、違う青汁に変えてみるのも一つの手段です。
ランキングなどを参考に、高品質な製品を選ぶことを意識しましょう。

続けやすい製品選びもポイント

青汁は、継続することが大切!
だからこそ、続けやすい製品を選ぶことを意識しましょう。

当サイトでは、続けやすい=飲みやすい青汁選びこちらのページでまとめています。

せっかく青汁を飲むなら、苦さ控えめの製品を選ぶのがおすすめ。
美味しく・楽しく続けることができる青汁を選びましょう!

牛乳やヨーグルトを混ぜるのもオススメ

粉末タイプの青汁なら、水だけでなく、牛乳やヨーグルトに混ぜるのもオススメです。
苦味や青臭さを抑えることができるようになり、マイルドな青汁ならではの美味しさがぐっと引き立ちます。

ただし、この場合、牛乳やヨーグルトの量は控えめにするのがポイント。
カロリーを摂り過ぎてしまう可能性があるからです。

特に、ダイエットなどに活用する場合は注意しましょう。

料理に混ぜ込むのもOK

粉末タイプの場合、料理などに加えるのもおすすめです。
ちょっと意外に感じるかも知れませんが、ごはんやカレー、パスタなどの料理にふりかけて摂るのもOK。
もしくは、ホットケーキやクッキーなどに混ぜ込むことで美味しく手軽に青汁を摂ることができます。

ただし、この場合もカロリーには注意したいところ。
また、熱を加えると損なわれてしまう栄養素も存在することを頭に入れておきましょう。

この点を踏まえると、料理に加えるアレンジは「たまに楽しむ」程度の頻度にしておく方が良さそうですね。
毎日の摂取については、可能な限り、水や牛乳などに溶かして飲む方法を選びましょう。

飲まない方が良いケースは?

健康に効果を発揮する青汁ですが、摂取しない方が良いケースもあります。
例えば、以下のケースでは、摂取を控えるようにしましょう。
h  もしくは、摂取についてかかりつけ医に相談しましょう。

ワーファリンなどの医薬品を服用している場合

青汁に含まれるビタミンKの血液凝固作用がワーファリンの効果を阻害してしまうケースがあります。
その為、ワーファリンを服用している場合は、青汁の摂取を避ける必要があります。

腎臓病を罹患している場合

腎臓病を罹患している場合は、青汁に含まれているカリウムが負担になってしまうケースがあります。
高カリウム血症のリスクが増加する為、摂取は控えた方が良いでしょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related