青汁で生活習慣を改善

青汁でがん予防・生活習慣病予防

青汁の継続的な摂取によって、生活習慣病の予防ができると、期待が高まっています。
また、糖尿病や高血圧・肥満といった生活習慣病から癌を併発する事例も多いため、青汁によって癌予防ができるともいわれています。
青汁は様々な野菜を原料に、多くの栄養素や有効成分が配合されます。
そのため現代社会の問題点である「野菜」「栄養」不足を一気に解決できる可能性を秘めているのです。
生活習慣病を患わず健康でいるには、内臓や皮膚、果ては細胞の健康にまで気を配る必要があります。
野菜や栄養をしっかりと摂ることで、万病の予防になるのです。

注意点!青汁だけではダメ

有効成分の説明の前に、まずはお伝えしておくことがあります。
それは「青汁を飲むだけでは、生活習慣病や癌を予防できない」ということです。
青汁は万病を治してくれる魔法のドリンクでも、薬でもありません。
青汁はあくまでも、健康維持の一環でしかないのです。
青汁を服用するだけでなく、食事や生活を見直し、バランスのいい食事や運動をすることも忘れないようにしてください。

癌や生活習慣病予防に役立つ成分

とはいえ青汁には、生活習慣病や癌を予防するのに有効な栄養素が豊富に含まれています。
癌の予防には、バランスのいい食事をとり、体が必要としている栄養成分をしっかりと摂取することが重要になります。
生活習慣病の原因となっているのは、大半が野菜不足による栄養不足といわれています。
青汁の主原料となっている「ケール」「大麦若葉」「明日葉」などは、特有の成分も含め非常に栄養価が高い野菜です。
  • 抗酸化作用の高いビタミン類やSOD酵素・ポリフェノール
  • 代謝を向上させるビタミンB群
  • 腸内の有害物質の排出、脂質やコレステロールの吸収を抑える食物繊維
  • 脂肪を燃焼させるカルコン
青汁の代表的な栄養素にはこういったものがあげられます。
栄養価の高い原料の使用に加え、成分調整を行い、栄養のバランスを整えている青汁は多いです。
そのため青汁の習慣的な摂取は、慢性的な野菜・栄養不足の解消に効果的なのです。

生活習慣病を防ぐことは、癌の予防になります。また、
  • 抗酸化作用で体の老化の防止
  • 代謝を高めて細胞を頻繁に循環させる
  • 有害物質の排出
など、これらの作用は、直接的な癌の予防にも繋がります。
さらにフィトケミカルの一種であるスルフォラフエン。
この成分は解毒効果が強力で、肝臓がもつ有害物質や発癌性物質を排除する機能を高める効能があります。

また、癌細胞になりかけている細胞を、正常な細胞に戻す機能もあるといわれています。
スルフォラフエンはブロッコリーに含まれるので、ブロッコリー含有の青汁を飲むといいでしょう。

上記のように、青汁には生活習慣病や癌予防に有効な成分が、たっぷりと含まれています。
青汁の服用に加え、生活を見直し運動や食事に気を配ることで、効果的に病気の予防ができるといえるでしょう。

↑go to top