青汁を飲んで美肌になろう

目次
  1. 肌荒れの原因とは
  2. 青汁で美肌を目指そう
    1. 美白・美肌効果
    2. 抗酸化作用
    3. 肌代謝を高める
    4. ホルモンバランスを整える
    5. 腸内環境を良好にする
肌がカサカサに乾燥したり、ニキビや吹き出物で赤くポツポツなっていたりする肌トラブルは女性も男性も気になりますよね。
保湿に気を付けて化粧で隠そうとしてもなかなか上手くいかず、原因を根本から解決しなければいけません。
その肌トラブルは青汁を飲んで体の内側から改善することができます。
外からのケアだけでなく、中からもケアすることで綺麗な美肌を手に入れましょう。

肌荒れの原因とは

肌荒れの原因はいくつかあります。
暴飲暴食や乱れた食生活などで栄養が不足したり偏ったりすることで、ビタミンやミネラルが足りなくなり肌は荒れやすくなります。
また夜更かしによる睡眠不足や強いストレスが続く環境では、肌の機能が低下して皮脂が過剰に分泌されてしまい、ニキビや吹き出物の原因に繋がります。
そして便秘が続くことでも腸内に有害物質やガスが発生して、それが腸管から吸収されて体に巡ってしまいます。
その一部は肝臓で処理されたり、汗や皮脂として体の表面から排出されたりするのですが、そうなると肌代謝の機能は肌本来の汚れを排出しているのに対してそれ以上の有害物質なども代謝しなければなりません。
その働きが追い付かず、肌に汚れが残ってしまい肌荒れに繋がってしまいます。

青汁で美肌を目指そう

美白・美肌効果

美白や美肌に良い成分としてビタミンCは有名です。
青汁にはビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑えてシミや炎症を防ぐ効果があります。
新しいシミ予防や、既にあるシミにも効果的です。
また青汁に含まれるビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にして肌を乾燥から守るので綺麗な肌を維持できるでしょう。

抗酸化作用

青汁に含まれるビタミンAやビタミンC、ビタミンEには強い抗酸化作用があります。
肌の細胞が酸化して老け込んでしまう原因である活性酸素を除去して、若々しい肌を守ります。
シワを防いでハリを与えるのでアンチエイジングとして最適です。

肌代謝を高める

肌代謝には青汁に含まれるビタミンB群が効果的です。
ビタミンB1・B2・B6・B12、パントテン酸や葉酸などもビタミンB群の仲間です。
それぞれが助け合って体内の代謝を促進しています。
脂肪の代謝もサポートするので、肌の皮脂が排出されるのを助けます。
そして細胞を再生してターンオーバーを促進、糖やたんぱく質の代謝もします。
肌細胞の生まれ変わりを後押しするので、新しく綺麗な肌を期待できます。

ホルモンバランスを整える

不規則な生活や紫外線の浴び過ぎでホルモンバランスが崩れると、美肌に欠かせない女性ホルモンが減って肌荒れを起こしやすくなります。
青汁に含まれるビタミンB6、ビタミンE、カルシウムはホルモンバランスを整える働きがあります。
女性ホルモンの分泌をサポートして、乾燥肌や角質の詰まりを改善してくれるでしょう。
新陳代謝を高めてクマや顔のむくみもスッキリさせてくれます。

腸内環境を良好にする

青汁に含まれる食物繊維で便秘を解消することで、腸内環境を良好に保つことが出来ます。
便や老廃物が溜まっていないと有害物質が発生することも無く、体中に巡らないので、肌から皮脂が溢れることもなくなるでしょう。
肌本来の代謝機能が正常になり、ニキビや吹き出物も発生しにくくなります。
便秘は肌だけでなく体臭や口臭にも繋がり、体を不衛生にしてしまうので青汁を飲んで改善してください。
乱れた生活や食事によって肌トラブルを起こさないように、毎日青汁を飲んで美肌を目指しましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related