青汁で生活習慣を改善

青汁で腸内環境改善

便の状態や、お通じの頻度は、健康のバロメーターになります。
腸内には悪玉菌と善玉菌が共存しており、そのバランスが崩れると、便秘や下痢、さらには大腸癌など大きな病気にも繋がります。
腸内環境を整えるためには、食物繊維を含めた、バランスのいい栄養摂取が必要です。
そこで青汁を上手く活用し、腸内環境を整える方法が注目されています。

青汁と便秘の関係性

青汁の主原料になっているケールや大麦若葉、明日葉などは、食物繊維の宝庫です。
食物繊維は、腸内に溜まる不要な老廃物や有害物質を体外に排出してくれます。
また有害物質の生成の抑制もしてくれるのです。
食物繊維は2種類あります。
それらをバランスよく摂ることが、腸の健康の秘訣です。

2つの食物繊維

不溶性食物繊維は、主に穀物や豆類、野菜に含まれます。
排便を促すほか、ダイオキシンなどの有害物質を便と一緒に排出する働きがあります。
水溶性食物繊維は、主に海草や蒟蒻、フルーツに含まれます。
水分を吸収して便を柔らかくすることで、排便をスムーズに行うよう調節します。
また水溶性食物繊維は善玉菌の餌になり、腸内で善玉菌を優位にすることで、悪玉菌の増殖を抑えます。
青汁ならこの2つの食物繊維を、一度に摂取することができるのです。

ダイエットと便秘

ダイエット中は便秘になりがちです。
食事の量が減って栄養が不足し、胃腸の動きが弱まったり、食物繊維が不足することが原因と考えられます。
特に無理な食事制限でのダイエットは、便秘を悪化させ、不健康な体をつくってしまいます。
ダイエットのためには栄養をしっかり取りつつ、便秘を避けることが大切です。
そしてそれには青汁がぴったりです。
また、腸内環境が乱れると肌荒れの原因にもなります。
ですので腸を健康に保つことは、きれいな肌を守ることでもあるのです。

青汁を飲む効果的なタイミング

人間の体のリズムとして、午前中は消化・排泄の時間とされています。
青汁は排泄の手助けをしてくれますので、午前中に飲むのがベストです。
また、食前に青汁を飲むと、青汁に含まれる酵素が食事の消化を助けてくれます。
しっかりと消化された食べ物は排泄しやすいので、便秘の解消に効果的です。
また食前の青汁は、お腹を膨らませて満足感を与えたり、糖や脂質の吸収を緩やかにしてくれる機能があります。
すると血糖値の上昇も緩やかになるので、太りにくい食事のとり方ができます。
こういったことから、朝食の前に青汁を飲むことをオススメします。

便秘解消におすすめ青汁レシピ

便秘解消にぴったりの組み合わせは、青汁+ヨーグルトです。
ヨーグルトには善玉菌として働き、腸内環境を整える「乳酸菌」が含まれています。
ヨーグルトに青汁をプラスすれば、整腸作用がより一層高まるのです。
苦い青汁も、ヨーグルトと混ぜれば甘みがプラスされるので、美味しく飲めるようになります。
毎食に青汁をプラスするだけでも、しっかり栄養がとれます。
青汁を飲んで、整腸やダイエットを成功させましょう。

↑go to top