青汁で生活習慣を改善

青汁を飲んで美肌になろう

青汁には、美肌を作るのに効果的な成分が、たくさん含まれています。
美肌作りのため、化粧水などでのスキンケアを欠かさないという方は多いと思います。
しかし青汁で行える美肌作りは、有効栄養成分を摂取して、体内から作用させる方法です。
つまり、お肌が本来持っている力を引き出してあげるのです。

ホルモンの働きで美肌に

美肌に欠かせないホルモンといえば、女性ホルモンである「エストロゲン」です。
エストロゲンには水分を保持して、お肌の潤いを保つ作用があります。

青汁にエストロゲンは含まれていませんが、青汁に含まれる亜鉛は、色々なホルモンの合成を促進させます。
さらにホルモンの分泌量の調整も行うとされているのです。
しかし青汁に頼るばかりではいけません。
ホルモンバランスを整えるのには、生活や食事習慣を見直す必要があります。
普段の食事の中でしっかりと野菜・栄養を摂る。適度な運動を行う。
これだけでも体の代謝があがって活性化し、ホルモンバランスを整えることができるのです。
しかし十分な野菜や栄養を常に取り続けるのは難しいです。
そこで青汁が栄養摂取を補助してくれるというわけです。

青汁の美肌成分とは

青汁には美肌作りに役立つビタミン類や、食物繊維が豊富に含まれます。
例えばビタミンCやEは、強い抗酸化作用をもっています。
抗酸化作用によって活性酸素が除去され、代謝が活発になると、新鮮な肌をキープしたり、シミやくすみの対策になります。
ビタミンB群には、肌の生成を促進させる、血行を良くして肌に栄養を与える。
また皮膚の炎症を防ぐなどの作用があります。
ビタミンAはお肌や粘膜を健康に保ち、炎症や乾燥を防ぐ機能があるとされています。
食物繊維は排便を促したり、腸内の老廃物を便と一緒に体外に排出させる働きがあります。
便が長く腸内に留まると腐敗が進み、悪玉菌が増加します。
そして悪玉菌は有害物質を作ってしまうのです。
有害物質が便として排出されないと、皮膚から排出されることになります。
すると肌に過剰な皮脂が溜まったり、肌の代謝が滞ったりするのです。
食物繊維が老廃物を排出させるため、腸内環境が整えられます。
ですから食物繊維は、間接的にお肌を守っているのです。

現代人は野菜や栄養不足のために、体の内側からお肌を傷つけてしまっています。
体に必要な栄養素を取り入れて、きれいなお肌を目指しましょう。

↑go to top