青汁で生活習慣を改善

青汁で育毛?

薄毛の原因は男性ホルモンの影響や薬の副作用など様々。
しかし1番大きく関わっているのは、栄養不足や血行不良により栄養がうまく届かないなどの生活習慣です。

青汁には、ビタミン・ミネラルといった栄養素が摂取でき、育毛に効果的な成分が含まれています。
また、それらの栄養が血液循環の改善に繋がり、育毛の手助けをしてくれます。

他の薄毛の原因として大きいのが、ストレスです。
緊張により頭皮が硬直し、血行が悪くなり、脱毛の原因となります。
それだけではなく、パーマやカラー剤・不規則な食生活や同じ髪型をすることにより引っ張りからくる脱毛もあります。
上記の通り、薄毛と食生活は大きく関わりあっています。
そのため青汁を飲んで、薄毛を防止し、頭皮に栄養を与えることが大切です。

育毛にいい青汁の成分


ビタミンC

ビタミンCには髪の生成に必要不可欠な栄養を、体内に吸収しやすくするキレート作用があります。
また、抗酸化作用や、頭皮・毛根の細胞を強くする作用など育毛に必要不可欠な栄養素が含まれます。

亜鉛

亜鉛は、育毛に必要不可不可欠な栄養素です。
髪の毛に必要な良質なタンパク質をどんなに摂取しても亜鉛が不足していたら髪の毛の成長には繋がりません。
また亜鉛は抜け毛・薄毛の原因である5αリダクターゼの抑制にも効果があるとされています。

メラトニン

メラトニンは、大麦若葉やカイワレ、そして特にケールに多く含まれています。
髪は睡眠中に分泌される成長ホルモンの作用によって、健康的に成長していきます。
そのため薄毛予防には質の良い十分な睡眠が欠かせません。
高齢になるほど寝つきが悪くなったり朝早くに目が覚めてしまうことが多いのは年齢を重ねるごとに、メラトニンが減少してしまうからです。

青汁には、脳から分泌されている睡眠ホルモン「メラトニン」が含まれます。
良質な睡眠をとることで、頭皮環境を整えてくれます。

薄毛に効果的な青汁選びと飲むタイミング

青汁にも様々な種類の青汁が販売されています。
その中でも、育毛を目的とした青汁選びが大切です。

大麦若葉が含まれる青汁

育毛に重要なビオチンと亜鉛の含有量が高いので、タンパク質を吸収しやすく発毛を促進しやすくしてくれます。

抹茶入りの青汁

抹茶には亜鉛が含まれます。
また、抹茶が入っているものは比較的飲みやすく継続しやすいです。

イソフラボン入りの青汁

女性のホルモンバランスを整える効果があり、血流の改善にもつながるので女性の方にオススメです。

青汁の飲むタイミングは、朝一番がオススメです。
朝起きた時、胃の中は空っぽですので、発毛に必要な栄養が吸収しやすく、血糖値の上昇も緩やかにしてくれるので、余分な脂肪を溜めにくい身体作りができます。
また、起きた後に水分を取ることにより腸の働きも活発になり、腸内環境の改善にもつながり血流の流れをスムーズにし育毛促進してくれます。

青汁とプラスアルファーで

育毛には、ストレス発散や入浴や適度な運動、頭皮マッサージなども血流改善につながり効果的です。
頭皮マッサージをしながら入浴することで、代謝もアップし血流が頭皮までスムーズな流れで栄養を届けてくれますのでオススメです。
また、青汁を飲むことによりたくさんの発毛・育毛に必要な効果が得られます。
薄毛に悩んでいる方は日々の生活に青汁をプラスしてみてください。

↑go to top