青汁で生活習慣を改善

青汁で貧血予防

貧血の男女の割合は、男性が1割・女性が9割と圧倒的に女性が多く、特に若年層に高い割合で、貧血の悩みを抱えています。

貧血の改善に役立つ食べ物はレバー・ほうれん草・小松菜などが挙げられます。
しかし、レバーは味が苦手な方が多かったり、毎日の食事には飽きてしまいます。

そこで毎日でも飲める青汁をおすすめします。
青汁に含まれる栄養素には、貧血に効果的な成分が多くあります。
中でも、鉄分はホウレンソウや小松菜より、約4倍の含まれています。

しかも青汁は、加熱していないので、ビタミンCを残すことができ、より効果的に鉄分を吸収することができます。

青汁が貧血を改善する理由


鉄分が豊富

鉄は体の隅々まで酸素を運ぶヘモグロビンを作ってくれる大切な働きがあります。
酸素が不足して貧血を引き起こしますが、鉄分は失われやすく吸収されにくいという特徴を持っているため、毎日摂ることが必要です。

青汁は、調理不要なので忙しくても毎日飲むことができます。
そのため効果的に良質な鉄分を摂ることができます。

ビタミンCが鉄分の吸収を高める

実は、一生懸命鉄分だけを摂ってもあまり意味がありません。
鉄はビタミンCを一緒に摂ることで体内に吸収されます。
しかもビタミンCは加熱することにより壊れてしまいます。
青汁にはこの両方が含まれ、加熱していないのでより効果的に貧血を予防・改善します。

血液サラサラ効果も

青汁には、食物繊維も多く含まれるので、身体の毒素をしっかり排出して血液の巡りもよくしてくれます。
血流改善によって、身体の隅々まで栄養が行き届くので貧血には効果的です。

貧血を解消する青汁選び

貧血に効果的な青汁の原料は、鉄分・葉酸が多く含まれているケールです。
原料を見てケールが入っているものを選んでください。

また、農薬や添加物にも注意が必要です。
健康のために飲む青汁が逆に悪影響となっては元も子もありません。
飲みやすさも大切ですが原料を見て、自分に合った青汁を見つけることが大切です。

↑go to top