青汁で生活習慣を改善

青汁ソムリエとは

長寿国と言われている日本でも、1日あたりの野菜摂取量350gに達していない方が増えてきています。
そんな現代の生活習慣の改善に向けた、青汁が開発さています。
その青汁専門家、青汁ソムリエの資格が取得できるようになりました。

ソムリエとは、専門知識を持ちその知識に基づき多くの方に伝える方々です。
青汁ソムリエの試験内容についてお話していきます。

青汁マイスター(R)について

青汁ソムリエは正式には「青汁マイスター(R)」といい、公式では「青汁を通して野菜の大切さと健康意識について、重要性を広く語ることができる青汁のスペシャリスト」と定義されています。
この資格制度を運営しているのは″一般社団法人 青汁マイスター協会″という民間の団体なので、国家資格ではなく民間資格です。
青汁マイスター(R)を取得するためには、協会の実施する講座を受け、テストに合格する必要があります。
受験料は5,000円(税込)で受験資格の条件は特にありません。

受験内容や合格率


講座を受講

試験前に約1時間半におよぶ青汁講座を受けます。
試験内容は全てこの講座の内容から出題されますので、しっかりポイントを押さえる必要があります。
「現代人の食生活の問題」「野菜の重要性」「青汁の歴史・種類」、「青汁のレシピ」「青汁の効能」など青汁の深い部分まで学ぶことができます。

後半にはケールやゴーヤなど様々な原料の飲み比べを行います。
試験内容にはテイスティングはありませんが、青汁のスペシャリストとしてしっかり原料の味を知っておく必要があります。

試験

休憩をはさみ、その日に試験が行われます。
試験時間は40分間です。
試験では、記述タイプのものが多いので、講座中にテキストの内容をしっかり暗記し、また講座をしっかりと聞くことが資格取得への道です。

民間資格ということもあり、合格率は公表されていませんが、講座を真剣に受講していれば資格の取得は、そう難しくはありません。

試験取得後は、
  • 合格通知
  • 認定証
  • 認定カード
  • 『青汁マイスター(R)』ロゴシール
が後日届きます。
青汁マイスター(R)ロゴシールは、名刺に貼り付けて使用でき直接名刺に印字することも可能です。

青汁を通して、健康意識を高めるスペシャリストとして多くの方に青汁の素晴らしさを語ることができます。
また、お仕事で青汁を扱っている方は名刺に印字することで信頼性も高まります。

健康意識を高め、生活習慣の改善ができる青汁のスペシャリスト、青汁マイスターRを取得して、プライベートやビジネスの幅も広げてみてください。

↑go to top