青汁で生活習慣を改善

青汁で慢性疲労回復

慢性的な疲労は、栄養素の不足や、疲労物質の蓄積が原因と考えられます。
改善には栄養バランスのいい食事が必要です。
しかし食に気を配れない状態であれば、栄養豊富な青汁を飲むことをお勧めします。
青汁はケールや大麦若葉、明日葉などを中心に、栄養価の高い野菜を原料にしています。
これらには疲労に有効な栄養素が豊富に含まれているのです。
疲労の改善にはまず、活性酸素の除去が必要です。
活性酸素は細胞を錆びさせて老化させます。
老化が起こるうえ、代謝も悪くなるので、疲労がたまりやすくなるのです。
活性酸素の除去には、抗酸化作用の強い栄養素が必要です。
青汁にはSOD酵素、ポリフェノール、ビタミンB群、ビタミンEなど、強い抗酸化作用の認められる成分が多数配合されています。

また慢性疲労にはクエン酸も効果的とされています。
クエン酸には血液をサラサラにする効果があります。
栄養は血液に乗って全身に届けられるので、血液がサラサラであれば、毛細血管の隅々まで血液(栄養)が行き渡るのです。
そのため青汁には冷え性改善効果もあるとされています。
つまりクエン酸は、栄養補給を補助してくれるのです。
摂取した栄養がきちんと行き渡れば、エネルギーになり、疲労の回復や蓄積防止にも繋がります。

また疲労の回復には、栄養の補給だけでなく、睡眠などでしっかりと休養を取ることも大切です。
しかし慢性的な疲労があると、眠りが浅かったり、目覚めても疲労感が残っていたりしてすっきりしないこともあるでしょう。
そんなときに眠りの質を向上させてくれるのが、青汁に含まれるメラトニンなのです。
メラトニンはホルモンの一種。
血圧や体温を下げたり、精神を安定させることで、スムーズに眠りに入れるようサポートする作用があります。
心身の興奮がおさまった状態で眠りに入るので、ぐっすりと深く眠ることができます。
すると疲労もとれやすいですし、寝起きの不快感も軽減されます。
また寝ている間に分泌される「成長ホルモン」には、体の代謝を促す作用があります。
プラスして老化を遅らせる働きもあるので、よく寝ることは、疲労の溜まりにくい体作りにも繋がります。

新陳代謝や活性酸素の除去を促す。栄養補給を助けたり、睡眠を良質なものにする。
青汁はこのような作用をもって、慢性疲労の改善に役立つのです。
青汁の摂取と合わせて、普段の食事の栄養バランスも鑑みてみてください。
そして十分な休養を取って、慢性疲労を解消していきましょう。

↑go to top