青汁で生活習慣を改善

青汁ファスティングダイエット

青汁には豊富な栄養成分が含まれているため、ファスティングダイエットを行うにはピッタリです。
青汁なら断食をしながら「健康的」にダイエットが出来るのです。
しかし最低限の基準を知らずに手を出してしまうと、体調を崩してしまう可能性もあります。
ですので、ダイエットを行う前に、青汁ファスティングを行う際のポイントを見ておきましょう。

青汁ファスティングの方法

青汁でファスティングダイエットを行う期間は、3日をまでを目安にしましょう。
そしてファスティングを行うのは、週末などまとまった休みがあるときにしましょう。
仕事がある期間に行うと、業務に支障がでてしまうかもしれません。

まず1日目は、金曜日に設定します。
金曜日は朝食と、軽い昼食を摂取してください。
こうすればお腹が空いて仕事が手につかない!という事態は避けられます。
その後は夕食を青汁に置き換え、就寝まで青汁のみで過ごします。

2日目は、朝食から青汁への置き換えを行います。
本格的な断食はここから始まるのです。
そしてこの日は昼食・夕食も青汁のみで済ませます。
2日目は全く食事をしないので、体に負担をかけないように、なるべくのんびり過ごしてください。
消化器官が空っぽの状態が続くので、空腹と同時に、すっきりとした感覚も実感できると思います。

3日目は朝食のみを青汁と置き換えます。
昼食からは徐々にいつも通りの食事に戻していきましょう。
しかしいつも通りといっても、まる1日以上固形物を摂取していない状態なので、胃に負担をかけないよう配慮が必要です 昼食は重湯や粥などにします。
そして夕食も同様に胃に配慮してください。

4日目以降の朝からは、本当にいつも通りの食事に戻して大丈夫です。
これでファスティングは終了になります。

青汁ファスティングの注意点

ファスティングダイエットは「断食」によるダイエットです。
何も食べなければ痩せますし、青汁からある程度の栄養は得られています。
しかしやはり食事をとらないのは体にとってかなりの負担です。
特に初めて行う場合、脳や内臓が空腹に慣れていないので、無理は禁物です。
青汁への置き換えはまず、効果が出る出ないの前に、無理をせず健康を第一に考えることが最低条件になります。
無理すると体調を崩してしまうので、ダイエットどころではなくなってしまいます。
体に大きな負担をかけない範囲で「お試し」を何度か行ってみて、体に問題がないようでしたら、効果を意識してみてください。
ダイエット効果は期待できますが、その反面、リスクが潜んでいることも忘れずに取り組んでみましょう。

↑go to top