青汁で生活習慣を改善

青汁を飲むメリットは?

青汁には豊富な栄養が含まれています。
そのため乱れた食生活に青汁をプラスするだけでもちょっとした健康管理になります。
ここでは健康志向の高い人が飲むイメージを覆し、誰でも青汁を習慣にしたくなるメリットをご紹介します。

安く・早く・ラクに栄養補給

忙しさにかまけて食事を疎かにしている人は多いでしょう。
1日の食事の栄養バランスを考えることは大変ですし、実行することは難しいものです。

人の健康は腸が左右するといっても過言ではありません。
そんな腸内環境を改善するために必要な成分のひとつが食物繊維です。
青汁の原料となる主な野菜には、豊富な食物繊維が含まれています。
食物繊維は水分と一緒に摂ることで腸内で膨らみ、腸壁の汚れを掃除します。
そのため食物繊維が不足していると腸内の老廃物の腐敗が進み、様々な症状を引き起こすのです。

そこで青汁をプラスすれば、食物繊維が簡単に摂れます。
しかも水に溶かして飲む青汁は、水分と食物繊維を同時に摂取することができます。
また、食物繊維だけでなく、1日に必要な緑黄色野菜120g分の栄養摂取をクリアできます。
安価で野菜と同じ栄養素を摂取できる青汁は調理の手間もなく、時間や場所を問わずに栄養補給ができる飲料なのです。

必然的に水分摂取できる

水を飲む習慣のない人や少食のお年寄りは、気が付かないだけで軽度の脱水症状に陥っていることがあります。
水分不足は老廃物が流れないために起こる、むくみや疲労、血栓の原因になります。
青汁を食前や食中に飲むという習慣をつけておくと、必然的に水分摂取もできます。
毎食時にコップ1杯の青汁(約180cc)を飲むようにすれば、こまめに水分摂取をすることを気にする必要もありませんし、消化も良くなります。
水分を摂るついでにビタミンやミネラルが摂取できます。
ただし水のように飲みすぎることは過剰摂取の危険性もありますので注意しましょう。

味を気しないアレンジが可能

野菜をなるべく食べたくない人は当然、青汁も無理して飲みたくないでしょう。
しかし野菜の栄養素は誰しも必要です。
ならば青汁をアレンジして味を変え、栄養素だけ体内に摂り入れることを考えます。

野菜を使用した料理は、工夫を凝らしても風味や食感が残ってしまうことも多いです。
どうしても苦手な食材の存在を感じてしまうと食べられない人もいるでしょう。
その点大麦若葉を主原料とした青汁はにおいもなく、クセもほとんどないためアレンジ料理に最適です。
スープやミックスジュースに青汁の粉末を混ぜてしまえば、簡単に味を気にせず栄養が補給できます。
また、大麦若葉以外の原料を摂取したいのであれば、カレーやハンバーグなど味の濃い料理に入れるのがおすすめです。
見た目も味も全く変わらず、栄養価だけがプラスされます。
どうしても野菜を食べない子供や偏食者は、このようにすれば野菜の栄養を摂取できるのです。


このように青汁には多くのメリットが存在します。
食生活が乱れているといずれ様々な病気を引き起こします。
しかし忙しいと栄養バランスを考慮して食事することは難しいものです。
そんな毎食に青汁1杯をプラスするだけで、ずっと栄養バランスがよくなります。

青汁はいまや、健康志向の高い方だけがわざわざ飲むものではありません。
現代人に必須の栄養補給飲料として、老若男女問わず毎食にプラスしたいものです。

↑go to top